お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-07-19 14:50
[招待講演]網膜投影型ヘッドマウント3次元ディスプレイ
高橋秀也阪市大
抄録 (和) 複合現実感や拡張現実感を実現するシースルー型のヘッドマウントディスプレイは,2次元の映像を提示するため,現実の物体と仮想映像を関連付けることが困難であるという問題があった.本稿では現実世界の任意の位置に3次元像を重ね合わせることが可能な情報提示デバイスとして,深い焦点深度の映像を提示できることを特長とするシースルー型の網膜投影型ヘッドマウントディスプレイを応用した,網膜投影型ヘッドマウント3次元ディスプレイを紹介する.3次元表示の方式として,2眼式ステレオグラムを用いた方式と,超多眼方式を用いた2方式について述べる. 
(英) See-through head-mounted displays (HMD) provide an effective capability for Mixed Reality or Virtual Reality. By using a see-through HMD, an observer can see both real world and virtual world at the same time. However, when two-dimensional virtual information is displayed by a HMD, an observer is hard to understand that it is related with a real-world object. What an observer sees needs to be augmented by 3D virtual information image in accordance with the real object. In this paper, two kinds of head-mounted 3D displays are described. One is a stereoscopic HMD, the other is a super multi-view HMD.
キーワード (和) ヘッドマウントディスプレイ / 網膜投影 / 3Dディスプレイ / ステレオグラム / 超多眼 / / /  
(英) Head-mounted display / Retinal projection / 3D display / Stereogram / Super multi-view / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 20, 3DIT2016-21, pp. 15-19, 2016年7月.
資料番号 3DIT2016-21 
発行日 2016-07-12 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2016-07-19 - 2016-07-19 
開催地(和) 大阪市立大学大学院工学研究科 
開催地(英) Osaka City University 
テーマ(和) 仮想と現実を融合する立体映像および立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2016-07-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 網膜投影型ヘッドマウント3次元ディスプレイ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Retinal projection type head-mounted 3D display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘッドマウントディスプレイ / Head-mounted display  
キーワード(2)(和/英) 網膜投影 / Retinal projection  
キーワード(3)(和/英) 3Dディスプレイ / 3D display  
キーワード(4)(和/英) ステレオグラム / Stereogram  
キーワード(5)(和/英) 超多眼 / Super multi-view  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀也 / Hideya Takahashi / タカハシ ヒデヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-07-19 14:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2016-25,ITE-3DIT2016-21 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.15-19 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-IDY-2016-07-12,ITE-3DIT-2016-07-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会