お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-08-08 14:30
Web公開画像を対象としたエチゼンクラゲの発生状況調査方法の提案
椙本優大九工大
抄録 (和) 本研究はウェブサイト上に公開された画像の中からエチゼンクラゲの写る画像を検出することでエチゼンクラゲの発生状況を調査する方法を検討するものである.エチゼンクラゲの大量発生は日本では過去の発生状況から深刻な問題であると考えられている.提案手法では,機械学習における学習方法のひとつであるサポートベクターマシン(SVM)を用いて高精度分類器の作成を目指した.また,本研究では画像サイズや画質のさまざまなサンプル画像をウェブサイトから収集して機械学習を行うことで実装環境と同じ環境で分類器の作成を行った.本研究の最終目標は,ウェブサイトから自動でエチゼンクラゲ画像検出を行うことであり,本研究はそのための前段階である. 
(英) This study is proposed on detection of Echizen Jellyfish from an image which was uploaded to the internet. The outbreak of Echizen Jellyfish will seriously damage the fishery of Japan. In this work, a machine learning algorithm such as SVM with the HOG feature was employed. All of the testee images were gathered from internet. There is no need to install underwater camera, and this method can reduce cost for detection. Also real observation requires so many people and times. On the other hands, proposed method requires only one person and can detect automatically. In this method, precision is lower than real observation, but this error can consider that slight effect on the consequence. The evaluation of this system is performed by using the F-measure. F-measure is a comprehensive evaluation of the precision and recall. In this study, system is created by manually. It means not completely automatic. This study aim to detect Echizen Jellyfish from internet by the automatically. From the above, this study is previous step for final aim.
キーワード (和) エチゼンクラゲ / 大量発生 / 機械学習 / SVM / HOG特徴量 / / /  
(英) EtizenJellyfish / Outbreak / Machine Learning / Support Vector Machine / HOG-Feature / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME CE IPSJ-AVM IEICE-IE  
開催期間 2016-08-08 - 2016-08-09 
開催地(和) 九州工業大学 戸畑キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェースとその応用,およびコンシューマエレクトロニクス,メディアエレクトロニクス,画像工学,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2016-08-IE-ME-AVM-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Web公開画像を対象としたエチゼンクラゲの発生状況調査方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of the investigation method for the Outbreaks of jellyfish that target the Web Publishing images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エチゼンクラゲ / EtizenJellyfish  
キーワード(2)(和/英) 大量発生 / Outbreak  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(4)(和/英) SVM / Support Vector Machine  
キーワード(5)(和/英) HOG特徴量 / HOG-Feature  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 椙本 優大 / Sugimoto Yudai / スギモト ユウダイ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-08-08 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会