お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-09-15 14:00
3Dプリンタを用いた触知覚評価のための擬似試料埋め込み手法の検討
山田早姫神谷直希村上和人愛知県立大
抄録 (和) 医療分野における3Dプリンタの利用によって,患者固有の病態の可視化,可触化が可能となった.そこで,3D造形物を用いた触知覚評価のための,皮下構造物を擬似表現する触知覚評価刺激を生成する.皮下構造物として擬似試料を3Dプリンタにより造形し,擬似試料をゲル素材に埋め込むことにより,触知覚評価刺激を生成した.触知覚評価刺激の生成には,埋め込み時における擬似試料の支えの有および無の2種類の埋め込み手法を用いた.本稿では,この埋め込み手法における支えの有無が触知覚に与える影響を検討する.ROC解析による触知覚評価実験により,埋め込み時の擬似試料の支えの有無は,必ずしも触知覚へ影響を与えないことを明らかにした. 
(英) The use of the 3D printer is able to make visualization and to haptization of disease states with particular patients in the medical fields. This paper generates assessment models of haptic perception by using 3D printed objects for the use of the medical education. The assessment stimuli are composed of 3D printed objects and gel as a pseudo depiction of subcutaneous tumor masses. Assessment experiment evaluates the effect of the difference that the implant method on haptic perception. The assessment experiment by Receiver Operating Characteristic (ROC) analysis showed that the statistical difference of the implant method does not affect haptic perception.
キーワード (和) 埋め込み手法 / 触知覚評価 / 擬似試料 / 3Dプリンタ / ROC解析 / / /  
(英) Implant method / Haptic perception / Pseudo stimulus / 3D printer / ROC analysis / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 31, ME2016-118, pp. 13-16, 2016年9月.
資料番号 ME2016-118 
発行日 2016-09-08 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-IE IEICE-EMM IEICE-LOIS IEE-CMN  
開催期間 2016-09-15 - 2016-09-16 
開催地(和) 愛知県立大学(長久手キャンパス) 
開催地(英) Aichi Prefectural University 
テーマ(和) マルチメディア通信/システム,ライフログ活用技術,IP放送/映像伝送,メディアセキュリティ,一般 
テーマ(英) Multimedia communication/system, life-log application technology, IPTV/image communication, media security, general. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2016-09-ME-IE-EMM-LOIS-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3Dプリンタを用いた触知覚評価のための擬似試料埋め込み手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implant Method of Pseudo Sample for Haptic Perception Validation by 3D Printer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 埋め込み手法 / Implant method  
キーワード(2)(和/英) 触知覚評価 / Haptic perception  
キーワード(3)(和/英) 擬似試料 / Pseudo stimulus  
キーワード(4)(和/英) 3Dプリンタ / 3D printer  
キーワード(5)(和/英) ROC解析 / ROC analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 早姫 / Saki Yamada / ヤマダ サキ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 直希 / Naoki Kamiya / カミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 和人 / Kazuhito Murakami / ムラカミ カズヒト
第3著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-09-15 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2016-118 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.31 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2016-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会