お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-05 16:35
斜め運動刺激によるベクション
藤井芳孝妹尾武治平松千尋九大
抄録 (和) 垂直や水平方向と比較して斜め方向では異なる知覚特性を示す現象が知られていて,一般に斜め効果(Oblique effect)と呼ばれている.そこで,本研究ではベクションの知覚においても斜め効果が存在するかを明らかにするために,ランダムドットを用いて画面平面上にオプティカルフロー刺激提示し,上を基準として0,±30,±45,±60,±90,±120,±135,±150,180°の16方向について,ベクション強度(潜時,持続時間,主観的強度)を測定した.その結果,斜め方向のベクション強度は上下左右方向に比べて明確に小さいことがわかった. 
(英) In some phenomena of visual perception, the visual system shows different behavior in oblique directions from the cardinal (vertical and horizontal) directions, and it is called “Oblique effect”. In this study, we investigated the oblique effect of vection strength. Random dot optical flows which moved in 16 directions (0, +-20, +-45, +-60, +-90, +-120, +-135, +-150, +-180 deg) on the frontal parallel plane were used as stimuli, and vection strengths (latency, duration and magnitude) were measured for each direction. The results significantly indicated that vection strength in oblique direction was weaker than the cardinal directions.
キーワード (和) ベクション / 斜め効果 / オプティカルフロー / 運動知覚 / 非対称性 / / /  
(英) Vection / Oblique effect / Optical flow / Motion perception / Asymmetry / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 37, HI2016-67, pp. 13-14, 2016年11月.
資料番号  
発行日 2016-10-29 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2016-11-05 - 2016-11-06 
開催地(和) 愛知淑徳大学 星ヶ丘キャンパス 
開催地(英) Archie Shukutoku University 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用,VR心理学、感性情報処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2016-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 斜め運動刺激によるベクション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vection induced by oblique optical flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(2)(和/英) 斜め効果 / Oblique effect  
キーワード(3)(和/英) オプティカルフロー / Optical flow  
キーワード(4)(和/英) 運動知覚 / Motion perception  
キーワード(5)(和/英) 非対称性 / Asymmetry  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 芳孝 / Yoshitaka Fujii / フジイ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 千尋 / Chihiro Hiramatsu / ヒラマツ チヒロ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-05 16:35:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2016-67 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.37 
ページ範囲 pp.13-14 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-HI-2016-10-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会