お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-22 15:30
インテグラル立体動画像への多視点映像符号化方式の適用
原 一宏河北真宏三科智之菊池 宏NHK
抄録 (和) 我々はインテグラル式の立体像に適した高効率な符号化技術の研究を進めている. 本稿では, インテグラル立体動画像を形成する要素画像群を多視点画像群に変換後, 既存の多視点映像符号化方式(3D-HEVC)を適用した実験結果について報告する. 実験では, 奥行き表示位置を変えた2次元映像を表示する要素画像群から多視点画像群に変換後, 3D-HEVCを適用する場合について, 符号化効率や画質を評価した. さらにインテグラル立体像を表示する要素画像群に直接既存の符号化方式(HEVC)で符号化する場合と要素画像群から多視点画像群に変換後に3D-HEVCで符号化する場合を比較した. 実験の結果, 3D-HEVCを用いることで符号化効率の向上が確認できたので報告する. 
(英) Proper video coding techniques that correspond to integral imaging need to be continuously developed in order to transmit or record elemental images. We have been investigating the most suitable video coding for an integral 3D image, and in this study, we performed experiments on the moving picture of elemental images coded by 3D-HEVC and describe its coding performance. We compared coding performance of 3D-HEVC and HEVC for moving elemental images. The results showed that the coding by 3D-HEVC enhanced the efficient compression performance compared to the coding to the picture of elemental images by HEVC.
キーワード (和) 立体テレビ / インテグラル式 / 符号化 / 要素画像 / HEVC / 3D-HEVC / /  
(英) Three-dimensional television / Integral imaging / Video coding / Elemental image / HEVC / 3D-HEVC / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, 2016年11月.
資料番号  
発行日 2016-11-15 (IST, IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT IDY IST  
開催期間 2016-11-22 - 2016-11-22 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2016-11-3DIT-IDY-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インテグラル立体動画像への多視点映像符号化方式の適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coding performance for moving picture of integral three-dimensional image using 3D-HEVC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体テレビ / Three-dimensional television  
キーワード(2)(和/英) インテグラル式 / Integral imaging  
キーワード(3)(和/英) 符号化 / Video coding  
キーワード(4)(和/英) 要素画像 / Elemental image  
キーワード(5)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(6)(和/英) 3D-HEVC / 3D-HEVC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 一宏 / Kazuhiro Hara / ハラ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河北 真宏 / Masahiro Kawakita / カワキタ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 智之 / Tomoyuki Mishina / ミシナ トモユキ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 宏 / Hiroshi Kikuchi / キクチ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-22 15:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 ITE-IST2016-71,ITE-IDY2016-46,ITE-3DIT2016-37 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2016-11-15,ITE-IDY-2016-11-15,ITE-3DIT-2016-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会