お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-11-22 15:00
2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの構成方法の提案
石井 拳高木康博東京農工大
抄録 (和) 両眼に対してフルパララックス超多眼表示するために,われわれは2次元に並んだ視点を両眼に対して発生することのできる2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの構成を提案する.快適な超多眼状態を探るために,視点数と視点間隔は柔軟に変更することができるようにする.視差画像を表示するために,高フレームレートで画像を発生することのできるDMDを使用する.多数の視点は2次元に走査することによって生じる.水平走査にはガルバノミラーを使用し,垂直走査には回転スリットアレイを使用する. 
(英) In order to display full-parallax super multi-view images to both eyes, we propose the configuration of a two-channel scanning super multi-view display which can generate two-dimensional viewing points to both eyes. The number of viewpoints and the interval of viewpoints can be flexibly altered to enable the researches exploring comfortable super multi-view display conditions. The DMD which can generate images at a high frame rate is used to display parallax images. A large number of viewing points are generated by scanning the viewing points two-dimensionally. The galvano mirror is used for the horizontal scanning, and the rotating slit array is used for the vertical scanning.
キーワード (和) 立体表示 / 超多眼表示 / 視覚疲労 / フルパララックス / / / /  
(英) three-dimensional display / super multi-view display / visual fatigue / full-parallax / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 40, no. 41, 3DIT2016-36, pp. 9-11, 2016年11月.
資料番号 3DIT2016-36 
発行日 2016-11-15 (IST, IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY IST  
開催期間 2016-11-22 - 2016-11-22 
開催地(和) NHK放送技術研究所 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2016-11-3DIT-IDY-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2チャンネル視域走査型超多眼ディスプレイの構成方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of configuration of two-channel viewing-zone scanning super multi-view display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体表示 / three-dimensional display  
キーワード(2)(和/英) 超多眼表示 / super multi-view display  
キーワード(3)(和/英) 視覚疲労 / visual fatigue  
キーワード(4)(和/英) フルパララックス / full-parallax  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 拳 / Ken Ishii / イシイ ケン
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学大学院工学研究院 (略称: 東京農工大)
Institute of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学大学院工学研究院 (略称: 東京農工大)
Institute of Engineering, Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-11-22 15:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IST2016-70,ITE-IDY2016-45,ITE-3DIT2016-36 
巻番号(vol) ITE-40 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.9-11 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-IST-2016-11-15,ITE-IDY-2016-11-15,ITE-3DIT-2016-11-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会