お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 11:40
円偏波用プリント基板型逆Fアンテナに関する研究
尾上那月藤本孝文長崎大
抄録 (和) 本研究では円偏波用プリント基板型逆Fアンテナを提案している.本稿ではシミュレーションにより,プリント基板型逆Fアンテナの垂直素子の長さを調整することにより円偏波が放射可能であること,また,給電素子に垂直に装荷された長方形素子の長さを調整することによりインピーダンス整合が可能であることを示している.更に,電流分布により,円偏波の動作原理を説明している.軸比およびリターンロスの測定値とシミュレーション結果は良く一致している.提案するアンテナのサイズは0.32λc×0.21λc (λcは中心周波数時の波長)であり,ISMバンドの円偏波用小型平面アンテナとして非常に有効である. 
(英) In this paper, a printed inverted-F antenna for circular polarization is proposed. A rectangular element is loaded at the feeding line perpendicularly. It is shown that the axial ratio and the impedance matching can be tuned by adjusting the length of the vertical element and the length of the additional rectangular element, respectively. The operational principle for circular polarization is explained using the electric current distributions. The simulated axial ratio and the return loss agree with the measured results. The proposed antenna’s size is 0.32$lambda$c×0.21$lambda$c ($lambda$c is the wavelength at the center frequency) and it is useful as the compact and planar antenna for circular polarization in the ISM band.
キーワード (和) プリント基板型逆Fアンテナ / 円偏波 / 軸比 / ISMバンド / / / /  
(英) Printed inverted-F antenna / Circularly polarized wave / Axial ratio / ISM band / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 1, BCT2017-19, pp. 73-76, 2017年1月.
資料番号 BCT2017-19 
発行日 2017-01-12 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大分大学(大分市) 
開催地(英) Oita Univ. (Oita City) 
テーマ(和) アンテナ伝搬、マイクロ波における学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-01-BCT-KYUSHU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円偏波用プリント基板型逆Fアンテナに関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A printed inverted-F antenna for circular polarization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリント基板型逆Fアンテナ / Printed inverted-F antenna  
キーワード(2)(和/英) 円偏波 / Circularly polarized wave  
キーワード(3)(和/英) 軸比 / Axial ratio  
キーワード(4)(和/英) ISMバンド / ISM band  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 那月 / Natsuki Onoue / オノウエ ナツキ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 孝文 / Takafumi Fujimoto / フジモト タカフミ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-19 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.73-76 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会