お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-27 09:16
再帰反射による空中結像における輝度向上
小貫健太小堀智史堀江ひとみ藤井賢吾中島正雄山本裕紹宇都宮大
抄録 (和) 空中ディスプレイの要素である空中像の形成技術として,再帰反射による空中像の形成技術AIRR(Aerial Imaging by Retro-Reflection)が提案されている.AIRRによる空中像には低輝度という問題がある.本研究ではAIRRによる空中像の輝度向上のための偏光変調を用いたAIRRに適している再帰反射素子を明らかにすることを目的として再帰反射素子の反射特性の計測を行なった.さらに,実際に偏光変調を用いたAIRRによる空中像の形成装置を製作し,輝度が向上していることを明らかにした. 
(英) In recent years, aerial display has been attracting attention. Aerial imaging by retro-reflection (AIRR) has been proposed to form an aerial information screen. In order to improve the brightness and contrast of the aerial image, reflective polarizer and polarization-modulation film have been introduced to AIRR. It is important for polarization-modulation AIRR (p-AIRR) to use a retro-reflector that performs high reflectance and high polarization-maintenance rate. The purpose of this paper is to select a retro-reflector that is suitable for p-AIRR. We have constructed a measurement system of reflectance of a retro-reflector. This paper reports reflectance characteristics of a variety of state-of-art retroreflectors. We have also constructed optical setups to measure the polarization-maintenance rate of retro-reflector. Then, we have investigated dependences of the reflectance and the polarization-maintenance rate on the incident angles, including rotation and tilt.
キーワード (和) AIRR / 再帰反射素子 / 空中像 / / / / /  
(英) AIRR / Retro-reflector / Aerial image / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 2, IDY2017-9, pp. 65-68, 2017年1月.
資料番号 IDY2017-9 
発行日 2017-01-19 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEE-EDD IEIJ-SSL SID-JC  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of Emissive/Non-emissive Displays 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2017-01-EID-IDY-EDD-SSL-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再帰反射による空中結像における輝度向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of brightness for Aerial Imaging by Retro-Reflection(AIRR) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AIRR / AIRR  
キーワード(2)(和/英) 再帰反射素子 / Retro-reflector  
キーワード(3)(和/英) 空中像 / Aerial image  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小貫 健太 / Kenta Onuki / オヌキ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小堀 智史 / Tomofumi Kobori / コボリ トモフミ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀江 ひとみ / Hitomi Horie / ホリエ ヒトミ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 賢吾 / Kengo Fujii / フジイ ケンゴ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 正雄 / Masao Nakajima / ナカジマ マサオ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 裕紹 / Hirotsugu Yamamoto / ヤマモト ヒロツグ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-27 09:16:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2017-9 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会