映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-18 14:00
布地の質感を認知し易いギャザー分量の検討 ~ 販売形式および被験者群に対する相違の調査 ~
藤田隼太朗石川智治宇都宮大)・柳田佳子文化学園大)・佐々木和也宇都宮大)・宮武恵子共立女子大)・阿山みよし宇都宮大
抄録 (和) 現状,オンラインショッピングにおいて,単純に布地の画像を呈示するだけでは実物の質感が伝わりにくいという点が問題視されている.そこで,布地にドレープをつけることで布地の質感が伝わりやすくなるという先行研究を元に,ギャザー分量を定量的に変化させて,最適なギャザー分量を検討した.実験は,布地を視覚情報のみで評価する実験,衣服および布地を視触覚評価する実験の3種類を,販売形式や被験者群を考慮しながら実施した.また,被服に関する知識の相違に注目し,被服系被験者と工学系被験者に評価をさせ,被験者群の違いが布地の質感評価にどのような影響を及ぼすかを調査した. 
(英) In online shopping, it is regarded as a problem that the texture of the real fabric is hard to be transmitted.
Therefore, quantitative change of gather content was examined and optimum gather amount was examined based on the previous study that cloth texture is easy to be transmitted by attaching drape to fabric. We conducted three kinds of experiments while considering sales form and subject group. (Experiment is to evaluate fabrics only with visual information, and visual and tactile evaluation of clothing / fabric)We also classified subjects into clothing subjects and engineering subjects based on the presence or absence of knowledge about clothing and examined how the differences in subject groups affect the texture evaluation of the fabric.
キーワード (和) 布地 / 質感認識 / ギャザー分量 / / / / /  
(英) Fabric / Texture recognition / Gathering ratio / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 4, ME2017-15, pp. 55-58, 2017年2月.
資料番号 ME2017-15 
発行日 2017-02-11 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2017-02-18 - 2017-02-18 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2017-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 布地の質感を認知し易いギャザー分量の検討 
サブタイトル(和) 販売形式および被験者群に対する相違の調査 
タイトル(英) Consideration of amount of gather that is easy to recognize fabric texture 
サブタイトル(英) Investigation of differences for sales style and subject group 
キーワード(1)(和/英) 布地 / Fabric  
キーワード(2)(和/英) 質感認識 / Texture recognition  
キーワード(3)(和/英) ギャザー分量 / Gathering ratio  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 隼太朗 / Shuntaro Fujita / フジタ シュンタロウ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 智治 / Tomoharu Ishikawa / イシカワ トモハル
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳田 佳子 / Yoshiko Yanagida / ヤナギダ ヨシコ
第3著者 所属(和/英) 文化学園大学 (略称: 文化学園大)
Bunka Gakuen University (略称: Bunka Gakuen Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 和也 / Kazuya Sasaki / ササキ カズヤ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮武 恵子 / Keiko Miyatake / ミヤタケ ケイコ
第5著者 所属(和/英) 共立女子大学 (略称: 共立女子大)
Kyoritsu Women's University (略称: Kyoritsu Women's Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿山 みよし / Miyoshi Ayama / アヤマ ミヨシ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-18 14:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2017-15 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2017-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会