お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 15:15
次世代地上放送の暫定仕様に向けた部分受信帯域インターリーブの一検討
宮坂宏明佐藤明彦朝倉慎悟蔀 拓也白井規之成清善一竹内知明中村円香村山研一岡野正寛土田健一NHK)・澁谷一彦NHKエンジニアリングシステム
抄録 (和) NHKでは,次世代地上放送伝送方式の暫定仕様に向けた検討を進めている.暫定仕様は,ISDB-Tとは異なる新しい信号構造や強力な誤り訂正符号を用いることで,ISDB-Tより周波数利用効率が高く,大容量で伝送耐性に優れた方式となっている.また,暫定仕様はISDB-Tの特徴である階層伝送可能なセグメント構造を継承しており,固定受信向けサービスと合わせて,現行のワンセグのような部分受信による移動受信向けサービスも提供できる方式である.さらに,暫定仕様では,部分受信する帯域幅(部分受信帯域)をISDB-Tの約3.5倍に拡大しており,周波数インターリーブ効果の向上が期待できる.そこで今回,拡大した部分受信帯域に適した周波数インターリーブ方法について検討を行い,移動受信環境下における受信特性を評価したので報告する. 
(英) NHK is conducting research on the next generation terrestrial broadcasting. The proposed specification for the next generation terrestrial broadcasting is incorporated the new signal structure and the latest technologies in order to get spectrum utilization efficiency higher than ISDB-T. Furthermore, the proposed specification has been designed based on segmented OFDM to transmit the signal for both a fixed reception service and a mobile reception service simultaneously in one channel. This system is able to provide mobile reception service by partial reception such as one-segment service of ISDB-T. Moreover, in order to improve the frequency interleaving effect, the partial reception bandwidth is expanded approximately 3.5 times compared to ISDB-T. This paper describes the frequency interleave method suitable for the expanded partial reception and the evaluation for mobile reception performance with several frequency interleave methods by computer simulations.
キーワード (和) 次世代地上放送 / 移動受信 / 周波数インターリーブ / 部分受信 / / / /  
(英) Next Generation Terrestrial Broadcasting / Mobile Reception / frequency interleave / partial reception / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 11, BCT2017-46, pp. 29-32, 2017年3月.
資料番号 BCT2017-46 
発行日 2017-03-03 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-10 
開催地(和) 福江文化会館 
開催地(英) Fukue-Bunka-kaikan 
テーマ(和) デジタル放送技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-03-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 次世代地上放送の暫定仕様に向けた部分受信帯域インターリーブの一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on the interleaver of partial reception toward the proposed specification of the next generation terrestrial broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 次世代地上放送 / Next Generation Terrestrial Broadcasting  
キーワード(2)(和/英) 移動受信 / Mobile Reception  
キーワード(3)(和/英) 周波数インターリーブ / frequency interleave  
キーワード(4)(和/英) 部分受信 / partial reception  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮坂 宏明 / Hiroaki Miyasaka / ミヤサカ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 明彦 / Akihiko Sato / サトウ アキヒコ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 朝倉 慎悟 / Shingo Asakura / アサクラ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔀 拓也 / Takuya Shitomi / シトミ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 白井 規之 / Noriyuki Shirai / シライ ノリユキ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 成清 善一 / Yoshikazu Narikiyo / ナリキヨ ヨシカズ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 円香 / Madoka Nakamura / ナカムラ マドカ
第8著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 研一 / Kenichi Murayama / ムラヤマ ケンイチ
第9著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡野 正寛 / Masahiro Okano / オカノ マサヒロ
第10著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 土田 健一 / Kenichi Tsuchida / ツチダ ケンイチ
第11著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 澁谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第12著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングシステム (略称: NHKエンジニアリングシステム)
NHK Engineering System (略称: NHK Engineering System)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-46 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.11 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会