お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-10 16:05
有機薄膜の積層構造を用いたイメージセンサの近赤外感度可変技術
町田真一宍戸三四郎徳原健富柳田真明山田隆善井土眞澄佐藤嘉晃三宅康夫中田 学村上雅史原田 充井上恭典パナソニック
抄録 (和) 近赤外感度を電子制御可能な可視−近赤外有機CMOSイメージセンサを開発した.可視光領域に感度をもつ有機光電変換膜と近赤外領域に感度をもつ有機光電変換膜とを抵抗比を設けて積層することで,可視光撮像と近赤外撮像をひとつのイメージセンサで実現した.有機光電変換膜に印加する電圧でイメージセンサの近赤外感度を全画素同時に制御することで,可視光撮像と近赤外線撮像をフレーム単位で切り替えられることも実証した. 
(英) We developed a visible-NIR organic CMOS image sensor with electrically controllable NIR sensitivity. The sensitivity of all the pixels in the image sensor, which has the direct stacked structure of two organic layers with the high resistance ratio of those, is simultaneously controlled by changing the applied voltage to the organic films. This technology enables to switch between modes of color imaging and NIR imaging frame by frame without a mechanical IR cut filter required for conventional image sensors.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / 有機光電変換膜 / 近赤外線 / 高解像度 / / / /  
(英) CMOS image sensor / organic photoelectric conversion film / near-infrared / high resolution / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 10, IST2017-19, pp. 43-46, 2017年3月.
資料番号 IST2017-19 
発行日 2017-03-03 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2017-03-10 - 2017-03-10 
開催地(和) NHK放送技術研究所講堂 
開催地(英) NHK Research Lab. Auditorium (Setagaya) 
テーマ(和) 固体撮像技術および一般 
テーマ(英) Image Sensor, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2017-03-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有機薄膜の積層構造を用いたイメージセンサの近赤外感度可変技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Organic-Film Stacked RGB-IR Image Sensor with Electrically Controllable NIR Sensitivity 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) 有機光電変換膜 / organic photoelectric conversion film  
キーワード(3)(和/英) 近赤外線 / near-infrared  
キーワード(4)(和/英) 高解像度 / high resolution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 真一 / Shin'ichi Machida / マチダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宍戸 三四郎 / Sanshiro Shishido / シシド サンシロウ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳原 健富 / Takeyoshi Tokuhara / トクハラ タケヨシ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳田 真明 / Masaaki Yanagida / ヤナギダ マサアキ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 隆善 / Takayoshi Yamada / ヤマダ タカヨシ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 井土 眞澄 / Masumi Izuchi / イヅチ マスミ
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 嘉晃 / Yoshiaki Sato / サトウ ヨシアキ
第7著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 康夫 / Yasuo Miyake / ミヤケ ヤスオ
第8著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 学 / Manabu Nakata / ナカタ マナブ
第9著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 雅史 / Masashi Murakami / ムラカミ マサシ
第10著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 充 / Mitsuru Harada / ハラダ ミツル
第11著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 恭典 / Yasunori Inoue / イノウエ ヤスノリ
第12著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-10 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2017-19 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2017-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会