映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 14:45
歩行者行動分析のためのウェブ可視化システムの一例
厚木麻耶岡田佳也伊藤貴之お茶大)・緒方貴紀日熊悠太ABEJA
抄録 (和) 店舗,オフィス,公共スペースの歩行者行動分析は,マーケティングや都市開発などの重要な資料となる.その分析の一環として,歩行者行動の可視化は重要なツールとなる.歩行者行動のセンサデータは膨大になることから,サーバに蓄積して利用者の端末から問い合わせる形で可視化するシステムを構築することが望ましい.また,このような分析は多数の専門家で情報を共有する機会も多いので,多彩な端末で稼働できることが望ましい.このような背景から本報告では,歩行者行動分析のウェブ可視化システムの一例を提案する.本システムではウェブサーバー上でデータを管理し,端末からの要求内容に応じて歩行者行動を集計し,端末にその結果を返す.端末の表示はJavaScriptで開発されているためウェブブラウザ上で集計結果を可視化できる.歩行者行動の集計機能はPythonで開発されており,ウェブサーバー上でAPIとして稼働可能である. 
(英) Analysis of walkers’ behavior of shops, offices and public spaces is important for marketing and urban development. Visualization is a useful tool for this analysis. It is preferable to develop client-server systems to visualize huge sizes of human walk datasets. Also, it is preferable to collaboratively visualize such datasets by multiple experts. Based on these requirements, we present a Web-based visualization system for walkers’ behavior. This system aggregates the walkers’ paths on a Web server and returns to clients. The server part is implemented in Python and deployed as a Web API. Meanwhile, client-side visualization module is available on Web browsers since it is developed with JavaScript and D3.js.
キーワード (和) 歩行者行動分析 / ウェブ可視化システム / / / / / /  
(英) Walkers’ behavior / Web-based visualization system / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 12, AIT2017-125, pp. 275-276, 2017年3月.
資料番号  
発行日 2017-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-14 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2017 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2017-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歩行者行動分析のためのウェブ可視化システムの一例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A development of Web-based visualization system for analysis of walkers' behavior 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 歩行者行動分析 / Walkers’ behavior  
キーワード(2)(和/英) ウェブ可視化システム / Web-based visualization system  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 厚木 麻耶 / Maya Atsuki / アツキ マヤ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 佳也 / Kaya Okada / オカダ カヤ
第2著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 貴之 / Takayuki Itoh / イトウ タカユキ
第3著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 緒方 貴紀 / Takanori Ogata / オガタ タカノリ
第4著者 所属(和/英) ABEJA (略称: ABEJA)
ABEJA (略称: ABEJA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 日熊 悠太 / Yuta Hinokuma / ヒノクマ ユウタ
第5著者 所属(和/英) ABEJA (略称: ABEJA)
ABEJA (略称: ABEJA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 14:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2017-125 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.275-276 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会