映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 13:00
日本のSFアニメにおける心情・状況演出音の演出技法の調査と制作手法分析
掛須春希伊藤彰教伊藤謙一郎東京工科大
抄録 (和) 映像音響演出の分野において「Atmospheric Sound」と呼ばれる類の音は,登場人物の心情や状況を表現するためにも活用されている.これらは音楽とも効果音とも言えない中間領域の音響表現が用いられているが,演出技法には特定の概念がなく,制作手法についても系統だった調査分類などが行われてきていない.本研究では主に日本のSFアニメに焦点をあて,00年代以降のコンテンツを中心に12タイトル,83シーンの調査を行った.これにより映像表現技法としては各種編集技法との関連が深く,音響制作技法としては不協和音や非整数次倍音をふんだんに含んだサウンドが多用されていた.さらに海外コンテンツと比較すると,電子音響の使用率の高さが顕著にみられた. 
(英) Sounds of the kind called "Atmospheric Sound" in the field of video sound effects are also used to express the feelings and circumstances of characters. Although these are not sounds or sound effects of middle range which can not be called sound expression, there is no specific concept in the production technique, and systematic investigation classification etc has not been done about production method. In this research, we mainly focused on Japanese SF animation, and conducted a survey of 12 titles and 83scenes, mainly on contents since the 00's. As a result, the relation with the various editing techniques is deep as the video expression technique, and sound including abundant dissonance and non-integral next harmonic was abundantly used as the sound production technique. Furthermore, when compared with overseas contents, the use rate of electronic sound was remarkably high.
キーワード (和) 音響効果 / 映像音響 / アニメ / / / / /  
(英) Sound Effect / Film Sound / ANIME / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 12, AIT2017-115, pp. 249-250, 2017年3月.
資料番号  
発行日 2017-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-14 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2017 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2017-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本のSFアニメにおける心情・状況演出音の演出技法の調査と制作手法分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Non Diegetic Sound Effect Production Method in Japanese Sci-Fi Anime 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音響効果 / Sound Effect  
キーワード(2)(和/英) 映像音響 / Film Sound  
キーワード(3)(和/英) アニメ / ANIME  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 掛須 春希 / Haruki Kakesu / カケス ハルキ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 謙一郎 / Ken'ichiro Ito / イトウ ケンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2017-115 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.249-250 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会