映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 13:00
ゲームキャラクタと声質の傾向分析
酒井えりかお茶大)・伊藤彰教東京工科大)・伊藤貴之お茶大
抄録 (和) 毎年たくさんのアニメやゲームが制作され,数多くのキャラクタが生み出される.その声を担当する声優のキャスティングは,キャラクタの印象を決定づける重要な要因となる.本報告では,キャラクタと声質の関係について分析する諸手法を提案する.セリフから得られた音響特徴量と印象値の関係を学習させる.この学習結果を活用することで,新しいキャラクタに関する任意の印象値を与えることで適切な音響特徴量を推定できる.この音響特徴量の推定結果をカバーできると思われる声優を選出し,声優候補リストとして生成する.一方で,ゲーム作品に関するウェブ上の文書から自然言語処理を用いてキャラクタ間の距離を算出し,可視化する.これらを用いることで本研究では,声優候補リストとキャラクタ間距離から声優をキャスティングするシステムの開発を目指す.このシステムは例えば,声優をゲームキャラクタに割り当てる際の議論に有用であると考えられる. 
(英) Animation and game are very popular in Japan. Many works in animation and game have been released, and many characters have been produced. It is an important factor to select appropriate voice actors so that we can appropriately impress the characters. Based on this idea, we are developing a prototype of voice actor recommendation tool. We recorded voice performance and calculated vocal acoustic features. Then we had a questionnaire of impressions of the recorded voice performance, and solved the relationship between the acoustic features and impression values. We can estimate appropriate acoustic features of new characters when we specify their impression values, and consequently generate a list of appropriate voice actors for these new characters based on their acoustic features. At the same time, we gathered documents describing these characters on the Web, and calculated their co-occurrence by a natural language processing tool. We can discuss how to assign voice actors to the game characters by observing the list of voice actors and co-occurrence-based character map.
キーワード (和) キャラクタ / 音響特徴量 / 声質 / / / / /  
(英) Character / Acoustic feature / Voice quality / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 12, AIT2017-99, pp. 189-192, 2017年3月.
資料番号  
発行日 2017-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-14 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2017 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2017-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ゲームキャラクタと声質の傾向分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Voice Actor Recommendation for Game Characters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) キャラクタ / Character  
キーワード(2)(和/英) 音響特徴量 / Acoustic feature  
キーワード(3)(和/英) 声質 / Voice quality  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 えりか / Erika Sakai / サカイ エリカ
第1著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito / アキノリ イトウ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ. of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 貴之 / Takayuki Itoh / タカユキ イトウ
第3著者 所属(和/英) お茶の水女子大学 (略称: お茶大)
Ochanomizu University (略称: Ocha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2017-99 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.189-192 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会