映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-14 11:15
入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツの提案
瀧本理央浦野三貴東京工科大)・住吉智子新潟大)・岡崎 章拓殖大)・菊池 司東京工科大
抄録 (和) 入院患児は入院生活の中で治療に対する苦痛や,入院生活に対する不安など様々なことに脅かされている.その中で入院患児にとって遊びとは,入院中のあらゆるストレスを発散させる代償行為である.その遊びにストレスになりうる環境に対する対処である「ストレス・コーピング」を取り入れ,入院患児の心理的不安の軽減を目指していく.そこで近年ゲームなど遊び織り交ぜたコンテンツが多く発表され盛り上がりを見せている,AR(Augmented Reality)という技術に注目し,入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツを提案していく. 
(英) Children who are hospitalized are threatened by various things such as pain for treatment and anxiety about hospitalized life in hospitalized living. Among them, for children who are hospitalized, play is a compensation act of diverting any stress during hospitalization. We will adopt 'stress coping', which is a response to the environment that can be stressful in that play, and aim to reduce psychological anxiety of inpatient children. Therefore, we focus on the technology called AR (Augmented Reality), which has been exhibiting a lot of content such as games playfully interwoven, and we will propose stress-coping contents using AR for hospitalized children.
キーワード (和) AR / 入院患児 / ストレス・コーピング / / / / /  
(英) AR / hospitalized children / stress coping / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 12, AIT2017-83, pp. 133-134, 2017年3月.
資料番号  
発行日 2017-03-07 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2017-03-14 - 2017-03-14 
開催地(和) お茶の水女子大学 
開催地(英) Ochanomizu Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2017 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2017-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 入院患児のためのARを用いたストレス・コーピングコンテンツの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Stress Coping Contents using AR for Hospitalized Children 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AR / AR  
キーワード(2)(和/英) 入院患児 / hospitalized children  
キーワード(3)(和/英) ストレス・コーピング / stress coping  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧本 理央 / Rio Takimoto / タキモト リオ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦野 三貴 / Miki Urano / ウラノ ミキ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 住吉 智子 / Tomoko Sumiyoshi / スミヨシ トモコ
第3著者 所属(和/英) 新潟大學 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: NU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 章 / Akira Okazaki / オカザキ アキラ
第4著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: TU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa kikuchi / キクチ ツカサ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-14 11:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2017-83 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.133-134 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2017-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会