お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 13:00
擬似的不規則画素配置を用いたモアレ低減効果の検証
西田勇也・○秋田純一金沢大
抄録 (和) カメラやディスプレイと対象物の周期構造の空間周波数の不一致に起因する空間エイリアシングである「モアレ」は,画質を損なう要因の一つとなる.本稿では,カメラの画素間隔を擬似的に不規則とする疑似的不規則画素配置によって,このモアレの低減する効果について検討する. 
(英) Moire, which is caused by the mismatch of the spatial sampling frequency between the camera or the display and the periodical pattern of the target object, is one of the critical factor on image quality degradation. In this paper, we discuss on the effect of the Moire degradation by using the pseudorandom pixel placement.
キーワード (和) イメージセンサ / ディスプレイ / 画素配置 / モアレ / / / /  
(英) Image sensor / Image display / Pixel placement / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 14, IST2017-20, pp. 1-4, 2017年5月.
資料番号 IST2017-20 
発行日 2017-05-15 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IST IEICE-BioX  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-23 
開催地(和) 石川四高記念文化交流館 多目的室5 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像入力デバイス・方式、インタラクティブシステム、バイオメトリクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2017-05-ME-IST-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似的不規則画素配置を用いたモアレ低減効果の検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Moire Elimination Effect using Pseudorandom Pixel Placement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イメージセンサ / Image sensor  
キーワード(2)(和/英) ディスプレイ / Image display  
キーワード(3)(和/英) 画素配置 / Pixel placement  
キーワード(4)(和/英) モアレ /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 勇也 / Yuya Nishida / ニシダ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: KU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 純一 / Junichi Akita / アキタ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: KU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2017-20,ITE-ME2017-69 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2017-05-15,ITE-ME-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会