お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-05-22 14:30
熱画像を用いた心拍数計測のための動脈温度特徴抽出方法の検討
石田敦也村上和人愛知県立大
抄録 (和) サーモビジョンカメラを利用した生体センシングは、体温や呼吸数をはじめとしたバイタルサインの計測に応用されている。本稿では,温度情報を用いた心拍数計測のために、動脈の温度特徴抽出方法の検討をする。心拍に起因する動脈の温度変化は、環境による温度変化に埋もれてしまう問題がある。そのため、提案手法では、環境による温度変化の周波数成分を取り除き、動脈温度の変化のみを抽出する。実験の結果、動脈の温度変化は、非常に小さく0.01度以下の変化をしていることが明らかとなった。 
(英) Biometric sensing using a thermovision camera is applied to the measurement of vital signs including body temperature and respiration rate. In this paper, for the heart rate measurement using the temperature information, we examine the method of extracting the temperature feature of the artery. There is a problem that the temperature change of the artery caused by the heartbeat is buried in the temperature change due to the environment. Therefore, in the proposed method, only the arterial temperature is extracted by removing the frequency component of the temperature change due to the environment. Experimental results revealed that the temperature change of the artery was extremely small and changed to 0.01 degrees or less.
キーワード (和) サーモビジョン / 熱画像 / 橈骨動脈 / 心拍数計測 / / / /  
(英) thermal vision / thermal image / radial arterly / pulse / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 14, ME2017-72, pp. 13-16, 2017年5月.
資料番号 ME2017-72 
発行日 2017-05-15 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IST IEICE-BioX  
開催期間 2017-05-22 - 2017-05-23 
開催地(和) 石川四高記念文化交流館 多目的室5 
開催地(英)  
テーマ(和) 画像入力デバイス・方式、インタラクティブシステム、バイオメトリクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2017-05-ME-IST-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 熱画像を用いた心拍数計測のための動脈温度特徴抽出方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discussion of Arterial Temperature Feature Extraction Method for Heart Rate Measurement Using Thermal Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サーモビジョン / thermal vision  
キーワード(2)(和/英) 熱画像 / thermal image  
キーワード(3)(和/英) 橈骨動脈 / radial arterly  
キーワード(4)(和/英) 心拍数計測 / pulse  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 敦也 / Ishida Atsuya / イシダ アツヤ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 和人 / Kazuhito Murakami /
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-05-22 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-IST2017-23,ITE-ME2017-72 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2017-05-15,ITE-ME-2017-05-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会