映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-01 11:13
赤外線画像を用いた白飛び領域の明示
鈴木琢斗張 英夏向井信彦東京都市大
抄録 (和) 本稿では,赤外線画像を併用した可視光画像における白飛び領域の明示手法を提案する.赤外線画像が持つ温度情報をクラスタリングに用いることで,類似する温度領域を同一物体とみなして物体の形状推定を行うことができる.推定した物体形状を基に赤外線画像のコントラストを調整後,物体のエッジを取得し,得られたエッジを可視光画像に付加することで白飛び領域を明示する.本手法と従来手法との比較を行った結果,本手法は複数枚の可視光画像を用いずに従来手法と同程度に白飛び領域の再現が行えることを確認した. 
(英) In this paper, we propose a method to represent an overexposed area in an image by using an infrared image. In order to estimate an object shape in the overexposed area, thermal information in the infrared image is used. The infrared image is divided into some areas according to the thermal information, and the edge is detected in each region. Then, the image in the overexposed area becomes clear by adding the detected edges on the image. As the result of the comparison between the proposed method and a previous method, we have confirmed that the method can represent the overexposed area clearly without using multiple images.
キーワード (和) 画像処理 / 領域分割 / 赤外線画像 / 白飛び / / / /  
(英) Image processing / Segmentation / Infrared Images / Overexposed area / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 27, AIT2017-151, pp. 5-8, 2017年9月.
資料番号  
発行日 2017-08-25 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IIEEJ AIT  
開催期間 2017-09-01 - 2017-09-01 
開催地(和) 山梨大学 甲府キャンパス 
開催地(英) Yamanashi Univ. 
テーマ(和) 画像一般(色再現,立体映像,CG,VR,アニメーション技術,画像処理,ME関係,画像符号化など) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2017-09-IIEEJ-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 赤外線画像を用いた白飛び領域の明示 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Clear Representation of an Overexposed Area by Using Infrared Image 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像処理 / Image processing  
キーワード(2)(和/英) 領域分割 / Segmentation  
キーワード(3)(和/英) 赤外線画像 / Infrared Images  
キーワード(4)(和/英) 白飛び / Overexposed area  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 琢斗 / Takuto Suzuki / スズキ タクト
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 英夏 / Youngha Chang / チャン ヨンハ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-01 11:13:00 
発表時間 23 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2017-151 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.27 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2017-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会