お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-01 14:59
ひび割れ耐久実験結果測定支援システムの提案
大井 翔松本斗貴佐野睦夫阪工大
抄録 (和) 50年前には寿命が半永久的であるといわれていたコンクリートを用いて作られた建築建造物であるが,現在では劣化が徐々に進行している現状である.コンクリート製の建築建造物を安全に末永く活用するためには維持管理が重要である.維持管理を行う上で求められることとして,コンクリートのひび割れであるクラックの正確な判断を効率よく行うことである.しかし,クラックの正確な判断を行う点検作業では,点検者の経験に基づいて行われるため技量差による正確性の違いや効率の悪さがある.そこで,本稿では作業者の技量に依存することなく,誰でも簡単に点検作業が行えることが出来、効率的にクラックを検出する方法を提案する. 
(英) Recently, a building made of a concrete are deteriorating. Therefore, maintenance and management of building made of the concrete is important. As a method of maintenance and management, there is the method to accurately detect cracks on the concrete. However, it is difficult to detect accurate the cracks, because it is based on the experience of a specialist. Therefore, in this paper, we are developing a system that anyone can easily perform inspect. Specifically, we propose the system that measures the crack width by processing the image got from the smartphone.
キーワード (和) クラック検出 / クラック幅測定 / 画像処理 / / / / /  
(英) Crack Detection / Crack Width Meauring / Image Processing / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 27, AIT2017-157, pp. 29-32, 2017年9月.
資料番号  
発行日 2017-08-25 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IIEEJ AIT  
開催期間 2017-09-01 - 2017-09-01 
開催地(和) 山梨大学 甲府キャンパス 
開催地(英) Yamanashi Univ. 
テーマ(和) 画像一般(色再現,立体映像,CG,VR,アニメーション技術,画像処理,ME関係,画像符号化など) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2017-09-IIEEJ-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ひび割れ耐久実験結果測定支援システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Measuring Method of Crack Width using Image Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラック検出 / Crack Detection  
キーワード(2)(和/英) クラック幅測定 / Crack Width Meauring  
キーワード(3)(和/英) 画像処理 / Image Processing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 翔 / Sho Oi / オオイ ショウ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 斗貴 / Toki Matsumoto / マツモト トキ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐野 睦夫 / Mutsuo Sano / サノ ムツオ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Institute of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-01 14:59:00 
発表時間 23 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2017-157 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.27 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2017-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会