お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-09-08 13:55
直交符号によるユーザ間信号分離を用いた過負荷MIMOシステムの検討
中原 慧眞田幸俊慶大
抄録 (和) 本研究では直交符号を用いて信号分離を実現する過負荷MIMO-OFDM 方式について提案する.マルチユーザMIMO システムでは,ブロック対角化法がこれまで多く研究されてきた.しかし,プレコーディング係数の計算はチャネル情報 (Channel State Information : CSI) を必要とする.このCSI フィードバックには多くの周波数リソースが必要となる.また,ターミナル間のチャネル相関が高い場合,同時にヌルを形成できないという問題も存在する.そこで,CSI を用いずに直交符号によって異なるターミナル間の信号分離を行う過負荷MIMO-OFDM 方式を提案する.提案方式は拡散符号を用いてターミナル間の直交性を実現すると同時に,過負荷MIMOを適用することで拡散によるスループット低下を防ぐ.計算機シミュレーションによる評価の結果,提案手法はチャネル情報を用いて信号分離を行う従来手法に比べ, 送信アンテナ数が4 本,2 ユーザ,Rayleigh チャネルのときfdT を変化させても符号分割によりマルチユーザMIMOより良いビット誤り率特性を示した. 
(英) This paper presents an overloaded multiple-input multiple-output (MIMO)-orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) scheme that realizes signal separation among terminals by orthogonal codes. In multi-user MIMO systems, block diagonalization has been well investigated. However, the calculation of weight coefficients requires the channel state information (CSI) of all the terminals. The accurate CSI feedback needs a large amount of frequency resources. In addition, if the channel correlation between the terminals is high, nulls cannot be formed at the same time. Thus, this paper proposes an overloaded MIMO-OFDM scheme with orthogonal codes that separates signals for different terminals without the CSI. The proposed scheme realizes orthogonality among the signals for the terminals while throughput reduction by spreading is compensated through with an overloaded MIMO technique. Numerical results obtained through computer simulation show that the proposed scheme achieves better bit error rate performance as compared to that of MU-MIMO on a Rayleigh fading channel when the number of users is two and each user has two receive antennas.
キーワード (和) 過負荷MIMO / 符号分割 / 直交符号 / / / / /  
(英) Overloaded MIMO / Code Division Multiple Access / Orthogonal Code / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 30, BCT2017-75, pp. 9-12, 2017年9月.
資料番号 BCT2017-75 
発行日 2017-09-01 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT SHIKOKU  
開催期間 2017-09-08 - 2017-09-08 
開催地(和) 高知市文化プラザ かるぽーと 
開催地(英) Kochi City Culture-plaza 
テーマ(和) 放送・通信連携および一般 
テーマ(英) Service Integration Broadcasting and Communication Systems, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2017-09-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 直交符号によるユーザ間信号分離を用いた過負荷MIMOシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Overloaded MIMO System with Orthogonal Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 過負荷MIMO / Overloaded MIMO  
キーワード(2)(和/英) 符号分割 / Code Division Multiple Access  
キーワード(3)(和/英) 直交符号 / Orthogonal Code  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 慧 / Kei Nakahara / ナカハラ ケイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 幸俊 / Yukitoshi Sanada / サナダ ユキトシ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-09-08 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2017-75 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.30 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2017-09-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会