お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-10-20 11:10
ホログラムメモリーにおける固定パターンノイズ除去手法
木下延博片野祐太郎室井哲彦石井紀彦NHK
抄録 (和) 次世代の光メモリー技術としてホログラムメモリーが注目されている.ホログラムメモリーは大容量,高転送速度,長期保存性という特徴を有しているため,我々は放送局における映像アーカイブメディアとして研究を進めている.これまで二値のページデータフォーマットを用いて記録再生の検証を実施しており,更なる大容量化,高転送速度化を図るには多値記録が不可欠といえる.従来の二値記録に比べ,多値の場合にはシンボル判定基準がより厳密となり,一定のビット誤り率を確保するには低ノイズ化が必要となる.本稿では,光学系の固定パターンノイズについて考察し,再生ページデータからこれを除去する手法について報告する. 
(英) Holographic memory is a promising technology as the next-generation optical data storage because of its advantages including large capacity, high data-transfer rate, and long archival life of recording media. We have been studying on the holographic memory for video archiving use, and demonstrated recording / reproducing data pages using a data page format with binary symbol. For further increase of capacity and data-transfer rate, recording and reproduction using a data page format with multi-level symbol is essential. Because the multi-level symbol detection is more severe than binary symbol’s case, noise reduction methods for multi-level detection are required for maintaining low bit-error rate enough for capability of error correction code. In this report, we investigate the fixed pattern noise in optical system of holographic memory and present a technique for reducing the fixed pattern noise from reproduced data pages.
キーワード (和) ホログラムメモリー / 固定パターンノイズ / ページデータ / ビームプロファイル / 多重干渉 / / /  
(英) Holographic memory / Fixed pattern noise / Data page / Beam profile / Multiple interference / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 34, MMS2017-50, pp. 53-58, 2017年10月.
資料番号 MMS2017-50 
発行日 2017-10-13 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2017-10-19 - 2017-10-20 
開催地(和) 柏崎エネルギーホール、新潟 
開催地(英) Kashiwazaki energy hall, Niigata 
テーマ(和) ヘッド,スピントロニクス,一般 
テーマ(英) Recording Head, Spintronics, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2017-10-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホログラムメモリーにおける固定パターンノイズ除去手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fixed Pattern Noise Reduction in Holographic Memory 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラムメモリー / Holographic memory  
キーワード(2)(和/英) 固定パターンノイズ / Fixed pattern noise  
キーワード(3)(和/英) ページデータ / Data page  
キーワード(4)(和/英) ビームプロファイル / Beam profile  
キーワード(5)(和/英) 多重干渉 / Multiple interference  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 延博 / Nobuhiro Kinoshita / キノシタ ノブヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 片野 祐太郎 / Yutaro Katano / カタノ ユウタロウ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 室井 哲彦 / Tetsuhiko Muroi / ムロイ テツヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 紀彦 / Norihiko Ishii / イシイ ノリヒコ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-10-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2017-50 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-MMS-2017-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会