お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-25 10:30
仮想空間の奥行推定における腕のリーチの効果
中村彰宏志堂寺和則九大
抄録 (和) 一般的に,身体運動は距離知覚の手がかりとして機能すると考えられている.本研究では仮想空間において,仮想腕を用いて物体に触れたときの奥行距離推定について検討した.実験1では,仮想腕の大きさとリーチが同じように変化する場面について検討した.実験2では,仮想腕の大きさは不変であるが,リーチのみが変化する場面について検討をした.実験結果は,仮想腕のリーチが変化しても奥行推定距離に影響は生じないことを示した.仮想腕のリーチは変わらないが大きさのみが変化する場面についての実験は行っていないが,仮想腕の見え方は奥行距離の推定に影響を及ぼすと推定される. 
(英) Generally, it is considered that the body’s actions act as a perceptual ruler, which is used to measure perceived distances. We investigated the depth distance estimation when operators touched objects using virtual arm in the virtual space. In experiment 1, both the size of the virtual arm and the reach of that were varied in the same way. In experiment 2, reach was varied but the size was constant. The results showed that the depth distance estimation was not influenced when the reach only was varied. Although the experiment which size was varied but reach was constant was not conducted, the appearance of the virtual arm seemed to affect the depth distance estimation.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / 身体行動 / 奥行距離推定 / 仮想腕の見え / / / /  
(英) Virtual Reality / Body's actions / Depth distance estimation / The appearance of virtual arm / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 40, HI2017-77, pp. 39-42, 2017年11月.
資料番号  
発行日 2017-11-17 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI VRPSY  
開催期間 2017-11-24 - 2017-11-25 
開催地(和) 金沢工業大学扇が丘キャンパス 
開催地(英) Kanazawa Institute of Technology 
テーマ(和) 視聴覚の基礎と応用,VR心理学、感性情報処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VRPSY 
会議コード 2017-11-HI-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想空間の奥行推定における腕のリーチの効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of virtual arm's reach in depth estimation in virtual environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(2)(和/英) 身体行動 / Body's actions  
キーワード(3)(和/英) 奥行距離推定 / Depth distance estimation  
キーワード(4)(和/英) 仮想腕の見え / The appearance of virtual arm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 彰宏 / Akihiro Nakamura / ナカムラ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志堂寺 和則 / Kazunori Shidoji / シドウジ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-25 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 VRPSY 
資料番号 ITE-HI2017-77 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.40 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2017-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会