お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-26 16:00
[招待講演]環境からの感覚情報統合の多様性と錯視の個人差 ~ 大画面ディスプレイの曲面残効などを例として ~
大塚作一鹿児島大
抄録 (和) 錯視は一般的に複数の視覚情報の統合に矛盾が生じる場合に発生する.従来,一部の例外を除き,錯視は個人の能力や環境に依存せず普遍的に生じるものと考えられてきた.しかし,我々の行ったいくつかの心理物理実験(立体手がかりの競合,立体フットステップ錯視,曲面残効,など)の結果によると,個人の能力や生活環境によって外界からの感覚情報の統合方法が大きく異なっている可能性が示唆された.これは,近年の情報ディスプレイやモバイル環境の急速な発達と密接に関係していると考えられる.今後,このような現象を人間の発達との関係で注意深く研究を進めることが必要である. 
(英) Visual illusions typically occur when inconsistencies in the integration of multiple visual information arise. Conventionally, with some exceptions of specific situations, optical illusions have been considered occurring independently from individual skills and/or environments. However, the results of our psychophysical experiments (e.g., conflicts of 3D cues, stereoscopic footsteps illusion, curved-surface aftereffect, etc.) suggest that the integration procedures of sensory information from the external environments could largely depend on individual abilities and environments. One can imagine it closely related to the rapid development of information displays and mobile console environments in recent years. Therefore, it is considered necessary to continue conducting careful studies on such phenomena concerning human developments.
キーワード (和) 錯視 / 個人差 / AR / VR / 視覚 / / /  
(英) visual illusion / individual differences / augmented reality / virtual reality / visual perception / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 41, ME2017-115, pp. 9-15, 2017年11月.
資料番号 ME2017-115 
発行日 2017-11-19 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SIP ME  
開催期間 2017-11-26 - 2017-11-27 
開催地(和) 鹿屋体育大学 (共催) 
開催地(英) NIFS 
テーマ(和) スポーツ情報処理,メディア工学,一般 
テーマ(英) Sport Information Processing, Media Engineering, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2017-11-SIP-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環境からの感覚情報統合の多様性と錯視の個人差 
サブタイトル(和) 大画面ディスプレイの曲面残効などを例として 
タイトル(英) Variety of Sensory Information Integration from Environments and Individual Differences in Visual Illusion 
サブタイトル(英) Examples as Aftereffect of Viewing Concave Curved Displays in a Large and Wide-Angle Environment 
キーワード(1)(和/英) 錯視 / visual illusion  
キーワード(2)(和/英) 個人差 / individual differences  
キーワード(3)(和/英) AR / augmented reality  
キーワード(4)(和/英) VR / virtual reality  
キーワード(5)(和/英) 視覚 / visual perception  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 作一 / Sakuichi Ohtsuka / オオツカ サクイチ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-26 16:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 ME 
資料番号 ME2017-115 
巻番号(vol) 41 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.9-15 
ページ数
発行日 2017-11-19 (ME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会