映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-11-30 15:20
[招待講演]イマーシブテレプレゼンス技術"Kirari!"における3D映像音響の取り組み
高田英明NTT
抄録 (和) 高精細プロジェクタと高度なサラウンドを用いた4Kデジタルシネマ、更にはメガネ式3D映像を用いた3Dデジタルシネマが広く一般化し、ビジネス的にも定着してきた。それに伴い、近年、これまで以上に臨場感の高いコンテンツや体験を提供する取り組みが始まりつつある。我々はこれまでに、あたかもその場にいるかのような超高臨場感をリアルタイムに世界へ配信するイマーシブテレプレゼンス技術”Kirari!”のコンセプトを打ち出し、臨場感の高い映像音響提示系技術と共にリアルタイムに世界にメディア配信する取り組みを始めている。ここでは、Kirari!の概要と合わせて代表的な要素技術について述べると共に、将来的な適用も想定した3D映像や3D音響への取り組みについても述べる。 
(英) We have been researching an immersive live experience system using several technologies. It reproduces a variety of events with an ultra-high realistic sensation modality using real-size image, high fidelity audio and media transport technology. Our research results enabled us to propose an immersive telepresence concept “Kirari!” for providing immersive live experiences and develop a life-size “Kirari!” prototype system. For the future, we propose that is capable of natural stereoscopic viewing with motion parallax in a wide viewing area. The system’s use of a 'spatially imaged iris plane screen' and 'linear blending technology' enables it to have fewer image sources and projectors than existing multi-view projection systems.
キーワード (和) イマーシブテレプレゼンス / 高臨場映像音響 / 高臨場メディア / 裸眼3D映像 / 波面合成音響 / / /  
(英) Immersive Telepresence / Natural Telecommunication / Autostereoscopic 3D / Wave Field Synthesis / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 41, no. 42, 3DIT2017-43, pp. 19-26, 2017年11月.
資料番号 3DIT2017-43 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 3DIT IDY IST  
開催期間 2017-11-30 - 2017-11-30 
開催地(和) 湘南工科大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像,高臨場感映像一般(VR学会 複合現実感研究委員会 協賛) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2017-11-3DIT-IDY-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イマーシブテレプレゼンス技術"Kirari!"における3D映像音響の取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 3D Image and Audio Technology for Immersive Telepresence "Kirari!" 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イマーシブテレプレゼンス / Immersive Telepresence  
キーワード(2)(和/英) 高臨場映像音響 / Natural Telecommunication  
キーワード(3)(和/英) 高臨場メディア / Autostereoscopic 3D  
キーワード(4)(和/英) 裸眼3D映像 / Wave Field Synthesis  
キーワード(5)(和/英) 波面合成音響 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 英明 / Hideaki Takada / タカダ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-11-30 15:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IST2017-73,ITE-IDY2017-52,ITE-3DIT2017-43 
巻番号(vol) ITE-41 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.19-26 
ページ数 ITE-8 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会