お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-01-19 10:30
二重平衡型乗算器を複合した円偏波アンテナの特性改善に関する検討
伊野孝宏西山英輔豊田一彦佐賀大
抄録 (和) 我々は今まで,小型で広帯域な円偏波アンテナの実現を目的として,マイクロストリップアンテナと二重平衡型乗算器を複合した新しい原理に基づく円偏波アンテナを提案している.ここで提案するアンテナは,アンテナ素子にダイオードをスター状に接続して二重平衡型乗算器を構成し,バイアス電圧を制御することによってダイオードの非線形性を利用して直交する2つのモードに90°の位相差を設け,その結果円偏波を実現する.さらに,バイアス電圧の極性によって円偏波の右旋/左旋の切り替えが可能となる.本稿では,無給電素子の装荷によりアンテナの特性改善を試み,利得の特性が改善することを実験で確かめた. 
(英) Circularly polarized antennas based on a new principle using a double balanced multiplier are proposed to achieve wideband and its scene switching function. The double balanced multiplier is formed by connecting four diodes in a star configuration. 90° phase difference between two orthogonal modes on the patch is realized by controlling the bias voltage. Therefore, circular polarizations are obtained. RHCP and LHCP can be switched by the polarity of the bias voltage. In this paper, a parasitic patch is stacked on the driven patch in order to improve for performances.
キーワード (和) 円偏波 / マイクロストリップアンテナ / 二重平衡型乗算器 / / / / /  
(英) Circularly polarized wave / Microstrip antenna / Double balanced multiplier / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 1, BCT2018-16, pp. 61-64, 2018年1月.
資料番号 BCT2018-16 
発行日 2018-01-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU  
開催期間 2018-01-18 - 2018-01-19 
開催地(和) 長崎大学雲仙Eキャンレッジ交流センタ 
開催地(英) Nagasaki Univ. Unzen-E-Camllage-Kohryu-Center 
テーマ(和) アンテナ伝搬、マイクロ波における学生・若手発表および一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-01-BCT-KYUSHU 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二重平衡型乗算器を複合した円偏波アンテナの特性改善に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Stady on Performance Improvement of a DBM Integrated Circularly Polarized Microstrip Antenna 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 円偏波 / Circularly polarized wave  
キーワード(2)(和/英) マイクロストリップアンテナ / Microstrip antenna  
キーワード(3)(和/英) 二重平衡型乗算器 / Double balanced multiplier  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊野 孝宏 / Takahiro Ino / イノ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 英輔 / Eisuke Nishiyama / ニシヤマ エイスケ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 一彦 / Ichihiko Toyoda / トヨダ イチヒコ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-01-19 10:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-16 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.1 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2018-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会