お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-16 13:30
2ステップ位相シフト法および位相限定相関再生を用いたインコヒーレントディジタルホログラフィの検討
東恩納直也菅野円隆文仙正俊福岡大
抄録 (和) 2ステップ位相シフト法及び位相限定相関再生によるインコヒーレントディジタルホログラフィについて検討する.2ステップ位相シフト法は空間周波数フィルタリングによりディジタルホログラム中のバイアス項を除去する手法であり,4ステップ位相シフト法と比較し,少ない枚数の干渉縞画像からの再生が可能である.また,位相限定相関再生法を採用することで,通常の相関再生像と比較し,より精細で高精度な物体像の再生が期待できる.本稿では,発光ダイオードを光源とした実験を行い,これらの手法を用いたインコヒーレントディジタルホログラフィが実現可能であることを示す. 
(英) We consider incoherent digital holography by two-step phase-shift method and phase-only correlation reconstruction. The two-step phase-shift method is a method of eliminating the bias term in the digital hologram by spatial frequency filtering. Compared with the four-step phase-shift method, reconstruction from a small number of interference fringe images is possible. By adopting the phase-only correlation reconstruction method, it is expected that a finer reconstructed image can be obtained as compared with a normal correlation reconstructed image. In this paper, we demonstrate that incoherent digital holography using these methods can be realized from experiments with a light emitting diode as light source.
キーワード (和) インコヒーレントディジタルホログラフィ / 2ステップ位相シフト法 / 位相限定相関再生 / / / / /  
(英) Incoherent digital holography / Two-step phase-shift method / Phase-only correlation reconstruction / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 4, MMS2018-26, pp. 271-275, 2018年2月.
資料番号 MMS2018-26 
発行日 2018-02-08 (MMS, HI, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE MMS HI ME AIT  
開催期間 2018-02-15 - 2018-02-16 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2018-02-ITS-IE-MMS-HI-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2ステップ位相シフト法および位相限定相関再生を用いたインコヒーレントディジタルホログラフィの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Incoherent digital holography using two-step phase-shift method and phase-only correlation reconstruction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インコヒーレントディジタルホログラフィ / Incoherent digital holography  
キーワード(2)(和/英) 2ステップ位相シフト法 / Two-step phase-shift method  
キーワード(3)(和/英) 位相限定相関再生 / Phase-only correlation reconstruction  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東恩納 直也 / Naoya Higashionna / ヒガシオンナ ナオヤ
第1著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 円隆 / Kazutaka Kanno / カンノ カズタカ
第2著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 文仙 正俊 / Masatoshi Bunsen / ブンセン マサトシ
第3著者 所属(和/英) 福岡大学 (略称: 福岡大)
Fukuoka University (略称: Fukuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-16 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2018-26,ITE-HI2018-26,ITE-ME2018-26,ITE-AIT2018-26 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.271-275 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-MMS-2018-02-08,ITE-HI-2018-02-08,ITE-ME-2018-02-08,ITE-AIT-2018-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会