お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-24 10:45
HMDとセンサ技術を用いたロードバイクの事故体験シミュレータの提案
細田佑太郎曽我麻佐子龍谷大
抄録 (和) あらまし 本研究ではロードバイクによる事故への危機意識の向上を目的とし,HMDとセンサ技術を用いた事故体験シミュレータを開発した.本システムは,HMD,加速度センサ,ジェスチャコントローラを装着し,VR空間内でロードバイクを操作する.前腕に装着したジェスチャコントローラの筋電センサによってブレーキの動作を,ジャイロセンサによってハンドルの向きを検出し,ロードバイクの操作を実現する.ロードバイクが巻き込まれやすい事故として,左折の巻き込み,急ブレーキ,後方不確認による車両との衝突の3つの事故を体験できる. 
(英) We developed a road bike simulator with which bicyclists virtually experience traffic accidents. In this system, the user wears a HMD, a gesture controller and an acceleration sensor and rides on an actual bicycle within a VR space. The bicycle’s braking action is detected by the myoelectric potential from a gesture controller that is attached to the rider’s forearm. By getting its orientation with a gyroscope, we can alter the bicycle’s traveling direction. With our system, users experienced three types of serious accidents on road bikes: a left turn collision, being rear-ended, and sudden braking.
キーワード (和) ロードバイク / HMD / VR / 筋電位 / / / /  
(英) Road Bike / HMD / VR / Myoelectric Potential / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 6, ME2018-45, pp. 5-6, 2018年2月.
資料番号 ME2018-45 
発行日 2018-02-17 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2018-02-24 - 2018-02-24 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HMDとセンサ技術を用いたロードバイクの事故体験シミュレータの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Road Bike Accident Simulator Using HMD and Sensor Technologies 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロードバイク / Road Bike  
キーワード(2)(和/英) HMD / HMD  
キーワード(3)(和/英) VR / VR  
キーワード(4)(和/英) 筋電位 / Myoelectric Potential  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 細田 佑太郎 / Yutaro Hosoda / ホソダ ユウタロウ
第1著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 曽我 麻佐子 / Asako Soga / ソガ アサコ
第2著者 所属(和/英) 龍谷大学 (略称: 龍谷大)
Ryukoku University (略称: Ryukoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-24 10:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-45 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.5-6 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-ME-2018-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会