お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-24 13:30
会話からの音源位置同定技術の開発
二瓶雄貴山本昇志都立産技高専
抄録 (和) 近年,急速に普及しつつある音声アシスタント機能付きのスマートスピーカーはインターネットを介して情報を送受信可能な新たなインターラクティブな装置として注目を集めている.一部の商品にはマルチマイクが搭載されており,音源方向を計測することで多人数が参加している会話中でも個人を特定することができる.これらインターラクティブな機能を持つ家庭用デバイスは,来るべき高齢化社会における見守り装置として大変有望視されており,様々なアプリケーションの開発が期待できる.しかしながら,これらスマートスピーカーは音源方向こそ認識できるものの,音源までの距離を推測する機能は未だ搭載されていない.距離が明らかになることで居住空間の把握が可能となるため,見守り装置としては機能を飛躍的に向上することができる.そこで我々は市販品として購入可能な汎用マイクロフォンを複数台用い,一般的な会話音声から距離を推測する手法を検討した.本論文では直接音のみという限定条件下ではあるが,複数マイクによる距離検出の可能性と精度について検討結果を述べる. 
(英) Recently, a smart speaker with voice assistance has received attention as new interactive device intellectualized by internet access. Several smart speakers equipped with multiple microphone can distinguish the main talk by using direction of arrival estimation. These functions of the smart speaker are expected to attract useful applications such as tele-existence interface and monitoring service for social community. However, this device is deficient in the function of range estimation. If the smart speaker can measure the distance between colloquist and microphone, significant advance such as behavior recognition can be generated in the field of monitoring application. Therefore, we propose simple method for measuring the direction and distance of sound source by commercial-released three microphones. As a primary research under the some limitations and minimum configuration, we verified the accuracy of distance measurement from practical conversation.
キーワード (和) スマートスピーカー / 音源位置同定 / 複数マイクロフォン / 会話 / / / /  
(英) Smart speaker / Sound localization / Multiple microphone / Conversation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 6, ME2018-57, pp. 49-52, 2018年2月.
資料番号 ME2018-57 
発行日 2018-02-17 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2018-02-24 - 2018-02-24 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 会話からの音源位置同定技術の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Sound Localization System based on Daily Conversation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スマートスピーカー / Smart speaker  
キーワード(2)(和/英) 音源位置同定 / Sound localization  
キーワード(3)(和/英) 複数マイクロフォン / Multiple microphone  
キーワード(4)(和/英) 会話 / Conversation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 二瓶 雄貴 / Yuki Nihei / ニヘイ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 昇志 / Shoji Yamamoto / ヤマモト ショウジ
第2著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: TMCIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-24 13:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-57 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2018-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会