お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-02-24 11:45
揺れ動く非剛体面におけるプロジェクタの輝度補正
吉村一真橋本直己電通大
抄録 (和) 近年,模様のある投影面においても,理想的な映像投影を実現する輝度補正技術に注目が集まっている.この技術では,投影面とプロジェクタの入出力関係に基づいて,模様による影響を打ち消すことができる一方,プロジェクタとカメラの画素間対応に大きく依存するため,投影面が剛体に制限されている.そこで本研究では,画素間対応を実時間推定することで,室内のカーテンのように,揺れ動く非剛体面における輝度補正を実現する.GPUを用いて実時間処理を可能にしたシステムを構築し,様々な素材のカーテンを用いて有効性の検討を行う. 
(英) Recently, luminance compensation attracts attention that enables to project ideal images on non-white and patterned surfaces. This technique is able to cancel the influence of the pattern by using the input-output relation of the projection and its target surface. However, the projection surface has to be rigid because it largely depends on the inter-pixel correspondence between the projector and the camera. In this research, we propose luminance compensation that enables project ideal images on swinging non-rigid surfaces such as an indoor curtain by estimating the inter-pixel correspondence in real time. In addition, we examine the effectiveness of the implemented system by using various curtains as the target surface.
キーワード (和) 輝度補正 / 画素間対応 / 非剛体面 / 応答関数 / / / /  
(英) luminance compensation / inter-pixel correspondence / non-rigid surface / response function / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 6, ME2018-49, pp. 17-20, 2018年2月.
資料番号 ME2018-49 
発行日 2018-02-17 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2018-02-24 - 2018-02-24 
開催地(和) 関東学院大学関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 揺れ動く非剛体面におけるプロジェクタの輝度補正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Luminance Compensation for Image Projection on Swinging Non-rigid Surfaces 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 輝度補正 / luminance compensation  
キーワード(2)(和/英) 画素間対応 / inter-pixel correspondence  
キーワード(3)(和/英) 非剛体面 / non-rigid surface  
キーワード(4)(和/英) 応答関数 / response function  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉村 一真 / Kazuma Yoshimura / ヨシムラ カズマ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-02-24 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-49 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.6 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2018-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会