お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-07 13:00
視知覚位置獲得技術のためのユーザー動作弁別
小澤大海海野 浩神奈川工科大)・鈴木雅洋常磐大)・上平員丈神奈川工科大
抄録 (和) 筆者らが以前に提案した視知覚位置を獲得する技術のために,リーチング動作とヒッティング動作との弁別を検討した.本技術では,ユーザーのリーチング動作やヒッティング動作を利用して,画面の手前に呈示された仮想対象の視知覚位置を獲得する.これまでの研究で本技術の実現可能性や有用性を実証してきたが,リーチング動作とヒッティング動作との弁別に関する問題は未解決であった.そこで,本研究では,動作速度の標準偏差による弁別方法と,ニューラルネットワークによる弁別方法とを検討した.その結果,動作速度の標準偏差による弁別方法では弁別できるといえたが,ニューラルネットワークによる弁別方法では弁別できるとはいえなかった.本技術の実現可能性を実証した. 
(英) We examined discrimination between reaching movements and hitting movements for the sake of our previously proposed technique of obtaining the visually perceived positions. This technique obtains the visually perceived positions of virtual objects seen above the screens of 3-D displays by utilizing users’ reaching movements or hitting movements. Although our previous studies demonstrated the feasibility or usefulness of this technique, the problems with discrimination between reaching movements and hitting movements were unsolved. In this study, we examined a discrimination method using standard deviation of velocity of movement or a discrimination method using neural network. The results obtained from the experiments indicate that the method using standard deviation of velocity of movement can discriminate although the method using neural network cannot. These findings demonstrated the feasibility of the technique.
キーワード (和) 3Dディスプレイ / 相互作用 / 身体運動 / リーチング動作 / ヒッティング動作 / / /  
(英) 3-D Display / Interaction / Body Movement / Reaching Movement / Hitting Movement / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 7, HI2018-44, pp. 1-4, 2018年3月.
資料番号 HI2018-44 
発行日 2018-02-28 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2018-03-07 - 2018-03-07 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 工学部講義棟 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術[3DIT]研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2018-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視知覚位置獲得技術のためのユーザー動作弁別 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Discrimination of Users' Movements for Technique of Obtaining of Visually Perceived Positions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3Dディスプレイ / 3-D Display  
キーワード(2)(和/英) 相互作用 / Interaction  
キーワード(3)(和/英) 身体運動 / Body Movement  
キーワード(4)(和/英) リーチング動作 / Reaching Movement  
キーワード(5)(和/英) ヒッティング動作 / Hitting Movement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 大海 / Hiroumi Ozawa / オザワ ヒロウミ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 海野 浩 / Hiroshi Unno / ウンノ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 雅洋 / Masahiro Suzuki / スズキ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 常磐大学 (略称: 常磐大)
Tokiwa University (略称: Tokiwa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上平 員丈 / Kazutake Uehira / ウエヒラ カズタケ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-07 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2018-44 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2018-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会