お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-09 15:50
[招待講演]近赤外(1100nm)まで高感度な高画質・高解像度カメラ
小山剛史キヤノン
抄録 (和) スペクトルイメージングを含む近赤外イメージングは,その可能性について現在注目の的である.しかし,高画質や高解像を謳った報告は殆どされてこなかった.ここでは、市販の一眼レフや多目的カメラをベースに改造した1100nm程度まで高感度なカメラと,近赤外の透過率を向上させた試作レンズを組み合せて,近赤外イメージング、スペクトルイメージング及び多変量解析の結果を示し,市販のカメラが本来持っている潜在能力について紹介する. 
(英) Near infrared (NIR) imaging, including spectral imaging, has attracted attention for their potential use in a wide range of applications. However, there are few reports on NIR cameras with high image quality and high resolution. Recently, Canon has developed prototype cameras which based on DSLR and multi-purpose cameras with high sensitivity up to 1100 nm and a prototype interchangeable lens with high transmission up to the NIR region. It was found that high S/N ratio spectral images up to 1100 nm can be obtained. We will show several results of component separation using NIR images, spectral images and multivariate analysis.
キーワード (和) 近赤外 / スペクトルイメージング / 液晶透過波長可変素子 / 多変量解析 / / / /  
(英) Near Infrared / NIR / Spectral Imaging / LCTF / Spectrum / Multivariate Analysis / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 10, IST2018-24, pp. 55-59, 2018年3月.
資料番号 IST2018-24 
発行日 2018-03-02 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2018-03-09 - 2018-03-09 
開催地(和) NHK 放送技術研究所講堂 
開催地(英) NHK Housou-Gijyutu Lab. 
テーマ(和) 固体撮像技術および一般 
テーマ(英) Image Sensors, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2018-03-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近赤外(1100nm)まで高感度な高画質・高解像度カメラ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-image-quality,High-resolution Camera with High Sensitivity up to 1,100nm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近赤外 / Near Infrared  
キーワード(2)(和/英) スペクトルイメージング / NIR  
キーワード(3)(和/英) 液晶透過波長可変素子 / Spectral Imaging  
キーワード(4)(和/英) 多変量解析 / LCTF  
キーワード(5)(和/英) / Spectrum  
キーワード(6)(和/英) / Multivariate Analysis  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 剛史 / Takeshi Koyama /
第1著者 所属(和/英) キヤノン株式会社 (略称: キヤノン)
CANON INC. (略称: Canon)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-09 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2018-24 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.55-59 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-IST-2018-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会