映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 14:15
セルオートマトンを用いた放射冷却に伴う霧の発生シミュレーション手法
矢頭勇佑東京電機大)・髙橋時市郎東京電機大/アストロデザイン
抄録 (和) 霧が都市部等で発生した場合,公共交通機関の運行に支障をきたすなど,我々の生活に大きな影響を与える.このとき,霧の発生を予測することができれば事前に対策を講じることができる.しかし,現在霧の予報は行なわれておらず,霧を予報できるシステムが必要である.また,予測結果を3DCGで可視化して提示することで,霧に関する専門知識を持たない人の理解を助けることができると考えられる.本研究では,発生した場合我々の生活への影響が特に大きい,都市部で発生する放射霧に焦点を当て,都市部における霧の発生予測を数m単位で行ない,3DCGで可視化して提示するシステムを提案する. 
(英) If fog occurs in urban areas, it would cause a big troubles on our lives. In order to avoid such situations, a system which predicts the occurrence of fog is needed. It is also needed to visualize the prediction of fog by using 3DCG technology. In this report, we propose and develop a prototype system which predicts the occurrence of radiation mist due to radiative cooling in urban areas based on a 3D cellular automata (a voxel automata), and visualize its prediction results.
キーワード (和) / 3DCG / シミュレーション / セルオートマトン / 放射冷却 / / /  
(英) Mist / 3DCG / Simulation / Cellular Automaton / Radiative Cooling / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-147, pp. 377-380, 2018年3月.
資料番号 AIT2018-147 
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セルオートマトンを用いた放射冷却に伴う霧の発生シミュレーション手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation of Fog Generation due to Radiative Cooling based on Cellular Automaton 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Mist  
キーワード(2)(和/英) 3DCG / 3DCG  
キーワード(3)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(4)(和/英) セルオートマトン / Cellular Automaton  
キーワード(5)(和/英) 放射冷却 / Radiative Cooling  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢頭 勇佑 / Yusuke Yato / ヤトウ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 髙橋 時市郎 / Tokiichiro Takahashi / タカハシ トキイチロウ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学/アストロデザイン株式会社 (略称: 東京電機大/アストロデザイン)
Tokyo Denki University/ASTRODESIGN,Inc (略称: TDU/ASTRODESIGN)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 14:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2018-147 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.377-380 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会