映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 14:15
透視投影環境下における錯視立体を用いた不可能図形表現手法の提案
千葉 尭森谷友昭東京電機大)・高橋時市郎東京電機大/アストロデザイン
抄録 (和) 不可能図形とは,一見すると,実現可能なように見えるが,実際には人間の視覚が解釈した通りには実現不可能な錯視図形のことである.不可能図形のアニメーションは,その錯視状態の維持のため,平行投影によって描画されてきた.しかし,現実感をもつCGシーンには透視投影が必要不可欠である.そこで我々は,透視投影シーン内で不可能図形の錯視状態を維持し,アニメーションするための手法,およびそれを立体視環境へ適用する手法を提案する.また,その手法を用いて仮想現実 (Virtual Reality: VR) を利用した実装と評価を行い手法の妥当性について検討した. 
(英) Impossible figures are figures which looks realize at first glance, but are not actually realizable as perceived by the human eyes. In the conventional method, animations of impossible figures had been drawn by orthographic projection to maintain its illusion state. However, perspective projection is need to photo-realistic graphics. We proposed a method for animating impossible figures in perspective projection, and a method for applying it to a stereoscopic viewing environment. In addition, we implemented and evaluated using virtual reality using the method and examined the validity of the method.
キーワード (和) 不可能図形 / 錯視立体 / 透視投影 / 平行投影 / 立体視 / 仮想現実 / /  
(英) Impossible figures / Optical illusion objects / Perspective projection / Orthographic projection / Stereopsis / Virtual reality / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-148, pp. 381-384, 2018年3月.
資料番号 AIT2018-148 
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 透視投影環境下における錯視立体を用いた不可能図形表現手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Depicting Impossible Figures by Using Optical Illusion Objects in Perspective Rendering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 不可能図形 / Impossible figures  
キーワード(2)(和/英) 錯視立体 / Optical illusion objects  
キーワード(3)(和/英) 透視投影 / Perspective projection  
キーワード(4)(和/英) 平行投影 / Orthographic projection  
キーワード(5)(和/英) 立体視 / Stereopsis  
キーワード(6)(和/英) 仮想現実 / Virtual reality  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 千葉 尭 / Takashi Chiba / チバ タカシ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森谷 友昭 / Tomoaki Moriya / モリヤ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 時市郎 / Tokiichiro Takahashi / タカハシ トキイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学/アストロデザイン株式会社 (略称: 東京電機大/アストロデザイン)
Tokyo Denki University/ASTRODESIGN,Inc. (略称: Tokyo Denki Univ./ASTRODESIGN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 14:15:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2018-148 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.381-384 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会