映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 12:30
手形画像自動生成システムの提案
宮脇敬太中村陽介三上浩司東京工科大
抄録 (和) ホラーコンテンツ等に用いられる3DCGモデルには恐怖を演出するために血の手形が用いられることがある.この手形の表現のために用いるテクスチャ素材を制作するには多くの作業が必要になるが,これらの作業には「制作に手間がかかる」,「手形に関する条件を指定しにくい」という2つの問題が存在する.そのため,本研究では手形に関してのデータ収集や関連研究など調査を行い,それを基に手形を構成する4つの要素「手の大きさ」,「押す力」,「手相」,「しわ」についての定義づけを行った.その定義を利用し自動生成システムを開発,評価実験を実施した.結果的に,提案手法を用いたことにより手形を簡易的に制作することができるようになった. 
(英) In the 3DCG model used for horror contents etc., blood of hand print are used to produce fear there is.Although it takes a lot of work to produce the texture material used for expressing this hand print, There are two problems in these tasks, "it takes time and labor to produce" and "it is difficult to specify conditions related to hand print".Therefore, in this research, we investigated data collection on handprints and related research, and based on that, we defined the four elements "hand size", "pushing force", "hands", and "wrinkle" that compose hand print. After, we developed and developed an automatic generation system using the definition of. As a result, when using the proposed method, it has become possible to produce simpler hand shapes.
キーワード (和) 画像生成 / 手形 / / / / / /  
(英) Image generation / Hand print / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-102, pp. 213-216, 2018年3月.
資料番号  
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 手形画像自動生成システムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Automatic Handprint Image Generation System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像生成 / Image generation  
キーワード(2)(和/英) 手形 / Hand print  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮脇 敬太 / Keita Miyawaki / ミヤワキ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 陽介 / Yosuke Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami /
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 12:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2018-102 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.213-216 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会