映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 14:30
下水管内映像撮影のための二重カプセル構造浮流型機体の照明設計と映像回転補正の実装
前田拓磨清水竣太澤野弘明愛工大)・石原 進静大
抄録 (和) 筆者らは安全な下水管内調査のために球形カプセルを用いた浮流型無線ネットワークカメラシステムを提案している.本稿では,浮流型機体の概要と,下水管内の映像撮影のための照明設計,ならびにジャイロセンサの出力に基づく映像回転補正について報告する.下水管内は自然光が入らないため,ひび割れを観測するためには強い照明が求められる.本稿で提案する浮流型機体では,130 lmの照明2台と円形拡散タイプのフィルムを使用して,下水管内に設置した評価用画像を観測するには充分な照明環境であることを明らかにした.またジャイロセンサ値に基づいた回転補正により,機体構造により生ずる撮影映像の回転の影響を軽減できた. 
(英) Towards a safe survey of sewer pipe, we have proposed a drifting wireless network camera system with a spherical capsule. In this paper, we report the lighting subsystem for the sewer pipe survey system and a video rotation cancellation mechanism for the system. A strong lighting system is required to observe a crack in an underground pipe because a natural light is not available in the pipe. We clarified that the lighting system is sufficient to observe an evaluation image attached on the inside of an experimental sewer pipe. In addition, the effect of video rotation is reduced by using a gyro sensor introduced in the video rotation cancellation subsystem.
キーワード (和) 下水管内調査 / ジャイロセンサ / 映像回転補正 / 浮流型機体 / / / /  
(英) Sewer survey / Gyro Sensor / Video Rotation Cancelation Mechanism / Drifting Camera / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-67, pp. 91-94, 2018年3月.
資料番号  
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 下水管内映像撮影のための二重カプセル構造浮流型機体の照明設計と映像回転補正の実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of a Lightning System and a Video Rotation Cancelation Mechanism of a Double Capsulated Drifting Camera for Sewer Survey 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 下水管内調査 / Sewer survey  
キーワード(2)(和/英) ジャイロセンサ / Gyro Sensor  
キーワード(3)(和/英) 映像回転補正 / Video Rotation Cancelation Mechanism  
キーワード(4)(和/英) 浮流型機体 / Drifting Camera  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 拓磨 / Takuma Maeda / マエダ タクマ
第1著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 竣太 / Shunta Shimizu / シミズ シュンタ
第2著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤野 弘明 / Hiroaki Sawano / サワノ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛工大)
Aichi Institute of Technology (略称: AIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 14:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2018-67 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.91-94 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会