映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 14:45
Coarse-to-Fine法による精細な複数姿勢人物抽出
木下陽介高橋裕樹電通大
抄録 (和) 人物検出は,様々な分野で活用されている技術である.しかし,人物検出はあらゆる状況や人物に対応できる検出精度と,抽出領域に過不足がない精細度は,トレードオフの関係にある.そこで本稿では,複数姿勢の人物を対象にCoarse-to-Fine法を用いて精細な人物領域を抽出することを目的とする.まず,画像全体に対してCoarse Detectorを用いて複数姿勢人物を検出する.次に,検出領域に対してFine Detectorを用いて精細な人物領域を探索し,抽出する.抽出結果に対して,検出精度と抽出領域の精細度から評価を行った.評価の結果,検出精度を示すF値において0.615,抽出領域の精細度を示すIoU (Intersection over Union) において0.814が得られ,従来手法と比べて検出精度と精細度の両方で提案手法の優位性を確認できた. 
(英) Human detection is a technology that is used in various fields. It is, however trade-off between detection accuracy and precise extraction of the human region. The purpose of this paper is, therefore, to extract a precise human region using Coarse-to-Fine method. First, multi-postures human is detected by using Coarse Detector. Next, a precise human region is extracted using a Fine Detector. The extraction results were evaluated by the detection accuracy and the precision of the extracted region. The proposed method, the detection accuracy is 0.615 by the F-measure, and the precision of the extracted region is 0.814 by the IoU (Intersection over Union). The proposed method gets superiority both of the detection accuracy and the precision of the extracted region.
キーワード (和) 人物検出 / Coarse-to-Fine法 / HOG / SVM / / / /  
(英) Human Detection / Coarse-to-Fine Method / HOG / SVM / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-68, pp. 95-98, 2018年3月.
資料番号 AIT2018-68 
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Coarse-to-Fine法による精細な複数姿勢人物抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-postures Human Extraction Using Coarse-to-Fine Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人物検出 / Human Detection  
キーワード(2)(和/英) Coarse-to-Fine法 / Coarse-to-Fine Method  
キーワード(3)(和/英) HOG / HOG  
キーワード(4)(和/英) SVM / SVM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木下 陽介 / Yosuke Kinoshita / キノシタ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 裕樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 14:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2018-68 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.95-98 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会