映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 11:45
被服折り畳みモデルフィッティングを用いた被服の折り畳み手順呈示
城戸めぐみ高橋裕樹電通大
抄録 (和) 被服の折り畳み作業は形状をコンパクトにして被服を収納しやすくする役割がある.しかし,被服の折り畳み作業は洗濯物に関する家事の中でも特に好まれていない作業である.本稿では,被服の折り畳み作業補助を目的とし,被服折り畳みモデルを作成して被服にフィッティングすることで折り目の呈示を行う手法を検討する.被服折り畳みモデルはメッシュ状の折り畳みモデルを用意することで複数回までの折り畳み情報を一つのモデルにまとめて保持することを可能にする.モデルのフィッティングではエネルギー関数を用意し,最もエネルギーが小さくなる周辺画素に各ノード位置を移動する処理を繰り返すことでモデルを被服に近づけていく.Ground Truthに対するIoU(Intersection over Union)と折り目位置のずれを用いて精度評価を行った.IoUは0.97以上,折り目のずれは平均4.7画素の精度が得られた. 
(英) Laundry folding has the role that makes laundry compact and easy to store. The work is, however, less preferred than other housework. This paper, therefore, describes to present folding procedure by using clothes model fitting for laundry folding support. A cloth model is constituted by mesh, where each node has its state transition, in order to keep cloth folding procedure in the same model. The cloth model fits to a target cloth based on an energy function. Each node is relocated to a surrounding pixel to minimize the energy. IoU(Intersection over Union) is greater than 0.97 for all tests and the average difference of the folds becomes 4.7pixel.
キーワード (和) 被服 / 折り畳み / モデルフィッティング / / / / /  
(英) Cloth / Folding / Model Fitting / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-54, pp. 41-44, 2018年3月.
資料番号 AIT2018-54 
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 被服折り畳みモデルフィッティングを用いた被服の折り畳み手順呈示 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cloth Model Fitting for Laundry Folding Support 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 被服 / Cloth  
キーワード(2)(和/英) 折り畳み / Folding  
キーワード(3)(和/英) モデルフィッティング / Model Fitting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 城戸 めぐみ / Megumi Kido / キド メグミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 裕樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2018-54 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会