映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 11:15
粒子ボリュームレンダリングを用いた両眼視可能な炎映像の生成システム
今田明洋藤代一成慶大
抄録 (和) CG の分野において,炎や煙,雲といった効果を表現するためにビルボードが使用されている.また,こうし
たビルボードを用いた表現によってエフェクトを生成できるシステムが存在する.しかし,ビルボードを用いた表現は物体
の内部を描いていないため,視点によっては矛盾が生じる場合があり,また,三次元的な深さ情報を正確にもたないため,他
の物体とのレンダリング時に前後関係が崩れることがある.さらに,両眼視型のバーチャルリアリティシステムにおいては,
左右とも同様のレンダリング結果を生じるため,視点との距離が近いほど立体感を失うことになる.そこで,本研究では,
既存のシステムに近いインタフェースをもちながらも,両眼視環境で,どのような視点においても立体感が失われず,矛盾
が起きない炎の表現を作成できるシステムを提案する. 
(英) In the field of CG, billboards have been used to represent visual effects such as flames, smoke, and
clouds. There are known systems with such functionalities. However, since billboard expressions do not depict the
interior of objects, contradiction in appearance may occur depending on the location of viewpoint. In addition, because
of no accurate 3D depth information, the context may collapse when rendering with other objects. Furthermore, in a
binocular virtual reality system, identical rendering results are generated for the left and right eyes, so that the closer
the distance to the viewpoint is, the more three-dimensional cues get lost. In this research, we propose a system which
can represent flames with minimal loss of stereoscopic effects from any viewpoint, and does not cause inconsistency in
the binocular vision environment while providing an interface with common look and feel.
キーワード (和) バーチャルリアリティ / 立体視 / パーティクルシステム / 粒子ボリュームレンダリング / / / /  
(英) Virtual reality / Stereosis / Particle systems / Particle volume rendering / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-45, pp. 5-8, 2018年3月.
資料番号  
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粒子ボリュームレンダリングを用いた両眼視可能な炎映像の生成システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A system for generating flames capable of binocular vision using particle volume rendering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual reality  
キーワード(2)(和/英) 立体視 / Stereosis  
キーワード(3)(和/英) パーティクルシステム / Particle systems  
キーワード(4)(和/英) 粒子ボリュームレンダリング / Particle volume rendering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今田 明洋 / Akihiro Imada / イマダ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro / フジシロ イッセイ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2018-45 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会