映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 12:30
感情判定による漫符表現を用いたアバターの表情表現手法
玄葉 脩船津紀晏東京電機大)・高橋時市郎東京電機大/アストロデザイン
抄録 (和) 近年,カメラの映像からヒトの顔とCGモデルの顔の動きをリンクさせるアバターシステムが開発されている.既存のシステムでは,キーボード操作により漫符表現を行える.漫符を用いることでアバターの感情誇張表現が行えるが,キーボード操作はシームレスなコミュニケーションを実現できない.また,既存のシステムではユーザの表情を直接アバターに反映するため,不自然な表情になる恐れがある.そこで本研究では感情判定を用いてアバターらしい自然な表情を生成し,漫符を用いた表情を自動出力するアバターシステムを開発した.漫符を用いたアバターシステムのコミュニケーションにおいて,既存の手法よりもシームレスに行えるようになった. 
(英) Recently,avatar systems have been developed that link human face motions taken by cameras to CG characters’ expression. One of the conventional systems can express CG character’s expression with “manpu” (comic symbols). The manpu makes it possible to express emotional exaggeration of CG characters, however, key board operations to add manpu to the characters prevent seamless communications. If user's facial expression is directly reflected on the avatar’s, sometimes it will be an unnatural one. In this report, we proposed a generation method of avatar’s natural facial expression from user’s photos with manpu, which enables more seamless communications.
キーワード (和) アバター / 漫符 / 感情解析 / 表情表現 / / / /  
(英) Avatar / Comic Synbols / Emotion Recognition / Facial Expression / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-112, pp. 253-256, 2018年3月.
資料番号 AIT2018-112 
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 感情判定による漫符表現を用いたアバターの表情表現手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Generation Method of Avatar’s Facial Expressions with “Manpu (Comic Symbols)” by Emotion Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アバター / Avatar  
キーワード(2)(和/英) 漫符 / Comic Synbols  
キーワード(3)(和/英) 感情解析 / Emotion Recognition  
キーワード(4)(和/英) 表情表現 / Facial Expression  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玄葉 脩 / Shu Gemba / ゲンバ シュウ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 船津 紀晏 / Noa Funatsu /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 時市郎 / Tokiichiro Takahashi / タカハシ トキイチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学/アストロデザイン株式会社 (略称: 東京電機大/アストロデザイン)
Tokyo Denki University/ASTRODESIGN,Inc. (略称: TDU/ASTRODESIGN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 12:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2018-112 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.253-256 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会