映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 12:30
アニメ調象形型炎エフェクトの自動生成手法の提案
鈴木大志三上浩司中村陽介東京工科大
抄録 (和) 近年、アニメ調のグラフィックを用いたゲームが増加してきている。その中でも炎エフェクトは複雑な形状をしているものが多く、制作に時間がかかってしまう。そこで本研究では既存手法を元に、従来の手法では制作が困難な炎エフェクトの制作にかかる時間を短縮するツールを開発した。本ツールは3Dモデルに適用することで様々な形状の炎エフェクトの作成に対応することができる。そして、パラメーターの調整をリアルタイムに行えるようにレンダリングする。実験により、本ツールは簡便にユーザーの意図するアニメ調の炎エフェクトを作成する事が可能であり、炎エフェクトの制作に役立つことを確認した。 
(英) In recent years, the number of games using animated graphics has increased. Among them, many flame effects have complicated shapes, and it takes time to produce. Therefore, in this research, based on the existing method, we developed a tool to shorten the time required to produce flame effects which is difficult to produce by conventional methods. By applying this tool to the 3D model, it is possible to cope with the creation of flame effects of various shapes. Then, the parameters are rendered so that they can be adjusted in real time. By experiments, this tool can easily create user's intended flame effect of animation style and confirmed that it is useful for making flame effect.
キーワード (和) アニメ調 / / エフェクト / リアルタイム / 3D / / /  
(英) Animation-Style / Flame / Effect / Real-Time / 3D / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-103, pp. 217-220, 2018年3月.
資料番号  
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アニメ調象形型炎エフェクトの自動生成手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of automatic generation method for hieroglyphics of anime style flame effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アニメ調 / Animation-Style  
キーワード(2)(和/英) / Flame  
キーワード(3)(和/英) エフェクト / Effect  
キーワード(4)(和/英) リアルタイム / Real-Time  
キーワード(5)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 大志 / Taishi Suzuki / スズキ タイシ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 浩司 / Koji Mikami / ミカミ コウジ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 陽介 / Yosuke Nakamura / ナカムラ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 12:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2018-103 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.217-220 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会