映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-03-16 12:15
呼吸アニメーションによる非生物の内部状態表現
清水貴大中山雅紀藤代一成慶大
抄録 (和) 呼吸動作は生物の感情表現手法の一つとなり得ると考えられる.本研究の主な目的は,この概念を非生物に拡張し,非生物を疑似的に呼吸させることによって,その感情を表現させるアニメーションの生成方法を提案することである.まず,非生物の呼吸アニメーションから,その感情表現に関する事前調査実験を行い,非生物の呼吸動作によっても感情を表現できることを確認した.呼吸動作アニメーションを作成する際,原画像から呼吸を適用したい物体の輪郭線を入力し,物体を三角メッシュで充填した.続いてそのメッシュのなかから,膨張収縮をさせる肺領域にあたるメッシュを抽出した.本研究により,物体各々の内部状態変化を表現することや,複数の物体の異なる内部状態によって示唆される空間の雰囲気の効果的な表現が可能になった. 
(英) Breathing could be one of the effective animating elements for expressing emotions of living things. The main aim of this study is to expand this concept to abiotic things and to propose a method for generating animations expressing emotions through making them breathe in a pseudo manner. To begin with, we carried out a preliminary evaluation experiment regarding the emotional expressiveness of abiotic breathing animations, and we confirmed that several kind of emotion can be expressed even by the breathing motions applied to the abiotic object. When making the novel style of breathing animations, we specified a 2D ROI from an original image by surrounding it with a contour line, and then imposed a triangular mesh on the abiotic object. Then, from the resulting mesh, we extracted the sub-mesh expressing the region of lungs, to which the operation of swelling and shrinking is applied. We succeeded in the effective expression of changes in internal state of individual abiotic objects and atmospheric situations suggested by different internal states of multiple objects.
キーワード (和) アニメーション / 呼吸 / 芯線抽出 / ラッセルの循環モデル / シェイプマッチング法 / / /  
(英) Animation / Breathing / Coreline extraction / Russell's circular model / Shape matching / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 12, AIT2018-49, pp. 21-24, 2018年3月.
資料番号  
発行日 2018-03-09 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2018-03-16 - 2018-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Technology 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2018(Expressive Japan 2018) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2018-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 呼吸アニメーションによる非生物の内部状態表現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Breathing Animation for Representing Internal States of Abiotic Things 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アニメーション / Animation  
キーワード(2)(和/英) 呼吸 / Breathing  
キーワード(3)(和/英) 芯線抽出 / Coreline extraction  
キーワード(4)(和/英) ラッセルの循環モデル / Russell's circular model  
キーワード(5)(和/英) シェイプマッチング法 / Shape matching  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 貴大 / Takahiro Shimizu / シミズ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Unversity (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 雅紀 / Masanori Nakayama / ナカヤマ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Unversity (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro / フジシロ イッセイ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Unversity (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-03-16 12:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2018-49 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-03-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会