映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-06-14 15:20
心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討
岡田直人渥美裕貴名大)・横矢真悠山田和範パナソニック)・汪 雪婷上出寛子森田純哉榎堀 優間瀬健二名大
抄録 (和) 本研究では心身マルチタスク課題について,身体タスクと認知タスクをそれぞれ個別に実施した場合との 比較から身体能力改善効果を検討した.身体タスクとして歩行支援ロボットを用いた歩行を,認知タスクとして信号 反応課題を用いた.4週間の訓練を行い,訓練前後の身体能力測定によりそれぞれの訓練の身体能力改善効果を測定 した.さらに,事後測定から3カ月後に再度身体能力測定を行い,訓練効果の継続性を調査した.結果,心身マルチ タスク課題群で握力と2ステップテストの身体能力測定において結果の向上が示され(p=0.09,p=0.049),さらに2 ステップテストにおいては,訓練3カ月後の測定でも差が示された(p=0.06).これにより,心身マルチタスク課題の 身体能力改善効果とその継続性が示された. 
(英) The principal aim of this study is to determine the effect of physical ability improvement on physical and cognitive multitask training by comparison with individually training of the physical task and the cognitive task. We adopt walking using a support robot as a physical task, and a signal reaction task as a cognitive task. We conducted single and multitask training each for four weeks and measured the physical ability improvement effect of each training by physical ability measurement before and after training. Furthermore, the continuity effect of the training was investigated by measuring again three months after the ex-post measurement. As a result, significant improvement of the dynamic balance ability on walking was shown in the multitasking group, and a part of the physical ability improvement effect of physical and cognitive multitask training was confirmed.
キーワード (和) 心身マルチタスク / 歩行支援ロボット / 身体能力 / / / / /  
(英) Physical and Cognitive Multitask Training / Walking assist robot / Physical ability / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 HI IEICE-MVE  
開催期間 2018-06-14 - 2018-06-15 
開催地(和) 東京大学 福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター 
開催地(英) FUKUTAKE Learning Theater, Fukutake Hall, The University of Tokyo 
テーマ(和) 人工現実感,エンタテインメント,メディアエクスペリエンスおよび一般(電子情報通信学会MVE研究会, 情報処理学会EC研究会, HCI研究会, ヒューマンインタフェース学会SIG-DeMO研究会, VR学会と連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-MVE 
会議コード 2018-06-MVE-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 心身マルチタスク訓練による身体能力改善効果の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration of Physical Ability Improvement by Physical and Cognitive Multitask Training 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 心身マルチタスク / Physical and Cognitive Multitask Training  
キーワード(2)(和/英) 歩行支援ロボット / Walking assist robot  
キーワード(3)(和/英) 身体能力 / Physical ability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 直人 / Naoto Okada / オカダ ナオト
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渥美 裕貴 / Yuki Atsumi / アツミ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横矢 真悠 / Mayu Yokoya / ヨコヤ マユ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 和範 / Kazunori Yamada / ヤマダ カズノリ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 汪 雪婷 / Xueting Wang / オウ セッテイ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 上出 寛子 / Hiroko Kamide / カミデ ヒロコ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 純哉 / Junya Morita / モリタ ジュンヤ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎堀 優 / Yu Enokibori / エノキボリ ユウ
第8著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 間瀬 健二 / Kenji Mase / マセ ケンジ
第9著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-06-14 15:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-MVE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会