映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-30 15:25
[依頼講演]AR像の連続的な観察が必要とされる状況における両眼式・単眼式ARの比較
北村昭彦紀ノ定保礼阪大)・木村貴彦福科大)・篠原一光阪大)・佐々木 隆奥村治彦堀田あいら㈱東芝
抄録 (和) 拡張現実(Augmented reality: AR)として提示される像を連続的に観察しなければならない状況において両眼式ARと単眼式ARの比較を行った.AR像として視野中心部に連続的に提示される文字を両眼または単眼で観察し、その中から輝度の高いものを検出するという課題を行った。同時に視野周辺部に実像として提示された光点で発生する輝度の変化を検出するという課題を行った.その結果,単眼条件の方が両眼条件よりも輝度変化の検出率は高かった.したがって,単眼条件では視野周辺部により効率的に情報を取得できると考えられる. 
(英) We compared binocular augmented reality (AR) presentation and monocular AR presentation in a situation where continuous viewings of AR images were required. During monocular presentation, participants could detect more changes in their peripheral field of view. Thus, observers might be able to acquire more information during monocular AR presentation.
キーワード (和) 拡張現実 / 単眼提示 / 視覚的注意 / / / / /  
(英) Augmented reality / Monocular presentation / Visual attention / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 24, IDY2018-38, pp. 21-24, 2018年7月.
資料番号 IDY2018-38 
発行日 2018-07-23 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID SID-JC  
開催期間 2018-07-30 - 2018-07-30 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ディスプレイ一般 
テーマ(英) Information Display 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2018-07-IDY-EID-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AR像の連続的な観察が必要とされる状況における両眼式・単眼式ARの比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison between Binocular and Monocular Augmented Reality Presentation when Continuous Viewing is Required 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 拡張現実 / Augmented reality  
キーワード(2)(和/英) 単眼提示 / Monocular presentation  
キーワード(3)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 昭彦 / Akihiko Kitamura / キタムラ アキヒコ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 紀ノ定 保礼 / Yasunori Kinosada / キノサダ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 貴彦 / Takahiko Kimura / キムラ タカヒコ
第3著者 所属(和/英) 関西福祉科学大学 (略称: 福科大)
Kansai University of Welfare Sciences (略称: Kansai Univ. of Welfare Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 一光 / Kazumitsu Shinohara / シノハラ カズミツ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学大学院 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 隆 / Takashi Sasaki / ササキ タカシ
第5著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: ㈱東芝)
Toshiba corporation (略称: Toshiba corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 治彦 / Haruhiko Okumura / オクムラ ハルヒコ
第6著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: ㈱東芝)
Toshiba corporation (略称: Toshiba corp.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀田 あいら / Aira Hotta / ホッタ アイラ
第7著者 所属(和/英) 株式会社東芝 (略称: ㈱東芝)
Toshiba corporation (略称: Toshiba corp.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-30 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2018-38 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2018-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会