お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-07-30 16:15
[依頼講演]ホログラム樹脂導光板を用いたシースルーフルカラーメガネ型ディスプレイ開発
吉田卓司徳山一龍高井雄一附田大輔金子 強鈴木伸洋ソニー)・安齋隆史SGMO)・吉海江 憲阿久津克之町田 暁ソニー
抄録 (和) ホログラム樹脂導光板を用いたシースルーフルカラーメガネ型ディスプレイを開発した。軽量でスタイリッシュなデザインと自然なシースルー性を備えたAugmented Reality(拡張現実感)メガネに対する高い要求がある。ホログラム導光板方式による光学系は、シースルー透過率が高く,外界と情報表示の重畳性が高いことが特徴である。我々は、ホログラム樹脂導光板作製に、独自の製造プロセス、すなわちホログラム記録およびフィルムラミネートにロールツーロール(R2R)プロセスを導入し、効率のよい製造技術を開発した。従来のガラス基板をプラスチック基板に置き換えることにより、軽量でメガネのデザイン自由度が高いメガネ型ディスプレイを実現することが可能になり、AR市場の拡大に貢献することが可能になる。本論文では、ホログラム樹脂導光板の作製方法を中心に報告する。 
(英) We have developed a unique production process of a full-color plastic holographic waveguide combiner with a light-weight and see-through capability. The novel plastic waveguide technology enables us to increase design flexibility in the eyewear and to expand the market for augmented reality (AR). This paper presents the approach to production.
キーワード (和) 樹脂導光板 / メガネ型ディスプレイ / ボリュームホログラム / シースルー / / / /  
(英) Augmented Reality Glasses / Plastic waveguide / Near-eye display / Volume hologram / See-through / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 24, IDY2018-40, pp. 29-32, 2018年7月.
資料番号 IDY2018-40 
発行日 2018-07-23 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IDY IEICE-EID SID-JC  
開催期間 2018-07-30 - 2018-07-30 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ディスプレイ一般 
テーマ(英) Information Display 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2018-07-IDY-EID-JC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ホログラム樹脂導光板を用いたシースルーフルカラーメガネ型ディスプレイ開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Plastic Holographic Waveguide Combiner for Light-weight and Highly-transparent Augmented Reality Glasses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 樹脂導光板 / Augmented Reality Glasses  
キーワード(2)(和/英) メガネ型ディスプレイ / Plastic waveguide  
キーワード(3)(和/英) ボリュームホログラム / Near-eye display  
キーワード(4)(和/英) シースルー / Volume hologram  
キーワード(5)(和/英) / See-through  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 卓司 / Takuji Yoshida / ヨシダ タクジ
第1著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳山 一龍 / Kazutatsu Tokuyama / トクヤマ カズタツ
第2著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 雄一 / Yuichi Takai / タカイ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 附田 大輔 / Daisuke Tsukuda / ツクダ ダイスケ
第4著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 強 / Tsuyoshi Kaneko / カネコ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 伸洋 / Nobuhiro Suzuki / スズキ ノブヒロ
第6著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 安齋 隆史 / Takafumi Anzai / アンザイ タカフミ
第7著者 所属(和/英) ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社 (略称: SGMO)
Sony Global Manufacturing & Operations Corporation (略称: SGMO)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉海江 憲 / Akira Yoshikaie / ヨシカイエ アキラ
第8著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿久津 克之 / Katsuyuki Akutsu / アクツ カツユキ
第9著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 町田 暁 / Akio Machida / マチダ アキオ
第10著者 所属(和/英) ソニー株式会社 (略称: ソニー)
Sony Corporation (略称: Sony)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-07-30 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2018-40 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2018-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会