映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-08-10 13:30
全景映像の適応的半透明ブレンディングによる視野狭窄の緩和と視野特性の評価
登野拓志慶應大)・茅 暁陽豊浦正広郷 健太郎柏木賢治山梨大)・藤代一成慶應大
抄録 (和) 現在,世界には視覚障がいをもつ患者が2 億8,500 万人ほどおり,そのなかに視野障がいをもつ患者が,緑内障に限定しても,6,000 万人程度含まれるといわれている.視野障がいの一つに視野狭窄という症状があり,その症状をもつ患者のための視覚支援手法の研究はこれまでに多く行われてきたが,その多くが視覚情報以外の情報の提示により支援するものであり,視覚情報の提示を工夫して直接支援する研究は少ない.本稿では,視野狭窄をもつ患者に対して,計算処理を施した外界シーンを呈示することによる視覚支援手法を提案し,その有効性の評価結果を報告する.また,この実験に付随する問題である,視野特性についても併せて報告する. 
(英) As of this moment, it is argued that there are about 285 million patients with visual impairment in the world and about 60 million patients among them suffer from visual field disturbance. The prior approaches to assisting the patients with visual field disturbance rely mostly on non-visual sensation. In contrast, a vision assistance method proposed in this research attempts to superimpose judiciously processed surrounding scene onto the limited visual field of the patients. This article reports main results of preliminary evaluation experiments on the proposed method. The design of sophisticated experiments focusing on the characteristics of ameliorated visual field is also discussed.
キーワード (和) 視覚障がい / 視野障がい / 視覚支援 / 複合現実感 / / / /  
(英) Visual impairment / visual field disturbance / vision assistance / mixed reality / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 26, AIT2018-168, pp. 61-64, 2018年8月.
資料番号  
発行日 2018-08-02 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IIEEJ AIT  
開催期間 2018-08-09 - 2018-08-10 
開催地(和) 信州大学 松本キャンパス 
開催地(英) Shinshu Univ. 
テーマ(和) 画像一般(色再現,立体映像,CG,VR,アニメーション技術,画像処理,ME関係,画像符号化など) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2018-08-IIEEJ-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 全景映像の適応的半透明ブレンディングによる視野狭窄の緩和と視野特性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ameliorating visual field contraction by adaptive alpha blending of full view and its evaluation in terms of visual filed characteristics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚障がい / Visual impairment  
キーワード(2)(和/英) 視野障がい / visual field disturbance  
キーワード(3)(和/英) 視覚支援 / vision assistance  
キーワード(4)(和/英) 複合現実感 / mixed reality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 登野 拓志 / Takuji Tono / トノ タクジ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶應大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 茅 暁陽 / Xiaoyang Mao /
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ.Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊浦 正広 / Masahiro Tyoura / トヨウラ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ.Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 郷 健太郎 / Kentaro Go / ゴウ ケンタロウ
第4著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ.Yamanashi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏木 賢治 / Kenji kashiwagi / カシワギ ケンジ
第5著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ.Yamanashi)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro / フジシロ イッセイ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶應大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-08-10 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2018-168 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.26 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2018-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会