映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-10-19 12:00
MDSに基づく色対比知覚の個人差の検討:2色覚から3色覚への連続的変化
比良祥子中道真奈鹿児島大)・金成宏太宇都宮大)・唐鎌雄貴鹿児島大)・福田 輝阿山みよし宇都宮大)・大塚作一鹿児島大
抄録 (和) スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により,3色覚者と赤緑色覚異常者との間で相互に行われる色を用いた情報交換の重要性が増大している.本稿では,多次元尺度構成法(MDS)を用いて3色覚者と色覚異常者の色知覚の個人差を調査した.その結果,(1) 色名(言語)による色空間の配置は色覚とは無関係に概ね色相環状の円形の結果が得られたが,一方で,(2) 色票に基づく色空間の配置は,2色覚者では凹形状になり,その形状から3色覚者の楕円形へと滑らかに変化した.したがって,今後3色覚と2色覚の色知覚の差異をより詳細に調査・理解する必要がある. 
(英) Communications using color between people with normal vision and Red-Green color vision deficiency (R-G CVD) is becoming more important because of the widespread adoption of color displays including mobile devices. In this report, individual differences in chromatic perception of both color-normal and color-deficient observers were investigated by MDS (Multidimensional-Scaling). The results show that (1) the constellations of colors by words slightly depend on color sense, however, (2) those by color charts smoothly varied from concave-shaped in dichromacy to oval-shaped in normal trichromacy. Therefore, much more understanding of the difference in color perception between color-normal and Red-Green color-deficiency is needed.
キーワード (和) カラー / 色覚 / 個人差 / 2色覚 / 3色覚 / / /  
(英) Color / perception / individual difference / dichromacy / trichromacy / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 34, ME2018-103, pp. 27-31, 2018年10月.
資料番号 ME2018-103 
発行日 2018-10-12 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT ME IEICE-IE  
開催期間 2018-10-19 - 2018-10-19 
開催地(和) 長崎総合科学大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 感性とメディアおよび高精細度画像処理,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2018-10-ME-AIT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MDSに基づく色対比知覚の個人差の検討:2色覚から3色覚への連続的変化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Individual Differences in Chromatic Perception Based on MDS: Continuous Variation from Dichromacy to Trichromacy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カラー / Color  
キーワード(2)(和/英) 色覚 / perception  
キーワード(3)(和/英) 個人差 / individual difference  
キーワード(4)(和/英) 2色覚 / dichromacy  
キーワード(5)(和/英) 3色覚 / trichromacy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 比良 祥子 / Shoko Hira / ヒラ ショウコ
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中道 真奈 / Mana Nakamichi / ナカミチ マナ
第2著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金成 宏太 / Kota Kanari / カナリ コウタ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 唐鎌 雄貴 / Yuki Karakama / カラカマ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 輝 / Hikaru Fukuda / フクダ ヒカル
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿山 みよし / Miyoshi Ayama / アヤマ ミヨシ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 作一 / Sakuichi Ohtsuka / オオツカ サクイチ
第7著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-10-19 12:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2018-103,ITE-AIT2018-179 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.34 
ページ範囲 pp.27-31 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-ME-2018-10-12,ITE-AIT-2018-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会