映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-29 14:50
放送番組と同期する自由視点ARのためのリアルタイム伝送システム
河村侑輝大槻一博NHK
抄録 (和) 2018年12月に開始される新4K8K衛星放送では,IP(Internet Protocol)ベースのメディアトランスポート方式MMT(MPEG Media Transport)が採用され,インターネットを活用した放送通信連携サービスの高度化が期待される.本稿では,放送番組と同期する自由視点AR(Augmented Reality)コンテンツのためのリアルタイム伝送システムのモデルを提案する.提案モデルでは,MMTで放送される映像と同期したAR提示のため,3次元モデルのモーションにUTC(Coordinated Universal Time)による提示時刻タイムスタンプを付与してリアルタイムに伝送する.スポーツ中継を模擬した試作コンテンツでは,8Kテレビに競技場全体を俯瞰する映像を提示し,タブレットのカメラで映された実空間のテーブル上にミニチュアの競技場をAR合成して提示する.視聴者は,自分がカメラマンになった感覚でタブレット画面を通してテレビ映像では映らない場所に注目して見たり,好みの選手だけを自由に追いかけて見たりといった,従来のテレビと異なる新たな視聴体験が可能となる. 
(英) The advanced satellite broadcasting for 4K/8K will be launched in Japan in December 2018. MPEG media transport (MMT) will be used as the Internet-protocol-based media transport scheme to realize advanced hybrid services over the Internet. In this paper, we describe a real-time distribution model of 3D free-viewpoint augmented reality (AR) content for second-display devices via the Internet. For synchronized presentation with the video delivered by MMT, motion data of 3D models are transmitted along with coordinated universal time (UTC)-based presentation timestamps. In a prototype content which is like live sports broadcasting, an 8K television shows overview of a stadium and a tablet device shows the stadium overlaid on top of a real table with AR. The viewer can enjoy a new viewing experiment in which they always can follow their favorite player from any angle as if they were the camera operator.
キーワード (和) MPEG Media Transport / 放送通信連携 / 拡張現実 / 自由視点 / / / /  
(英) MPEG Media Transport / Hybrid Delivery / Augmented Reality / Free-Viewpoint / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 41, BCT2018-93, pp. 49-54, 2018年11月.
資料番号 BCT2018-93 
発行日 2018-11-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-CS IEICE-IE IPSJ-AVM BCT  
開催期間 2018-11-29 - 2018-11-30 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima University 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-11-CS-IE-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送番組と同期する自由視点ARのためのリアルタイム伝送システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real-time Distribution for Free-Viewpoint Augmented Reality Content Synchronized with a Broadcast Program 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPEG Media Transport / MPEG Media Transport  
キーワード(2)(和/英) 放送通信連携 / Hybrid Delivery  
キーワード(3)(和/英) 拡張現実 / Augmented Reality  
キーワード(4)(和/英) 自由視点 / Free-Viewpoint  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 侑輝 / Yuki Kawamura / カワムラ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (Japan Broadcasting Corporation) Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 一博 / Kazuhiro Otsuki / オオツキ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (Japan Broadcasting Corporation) Science and Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-29 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-93 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-BCT-2018-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会