映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2018-11-29 14:25
異なる無線通信システム間信号の電力差計算方法
高橋 賢田中公一藤原 真八方直久広島市大
抄録 (和) 同一周波数で運用される複数無線局からの信号を同時に受信すると干渉が生じる.信号処理によりこのような干渉信号を除去しようとすると,所望信号にも影響を与えることがある.所望波と干渉波の両方の確率分布が与えられれば,確率分布の減算表現によりその正しく受信できる確率を表現できると考えられる.ここでは,特性関数法を用いてこの信号差の確率分布を求める. 
(英) If signals from multiple radio stations operating at the same frequency are simultaneously received, interference occurs. Attempting to remove such an interference signal by signal processing may also affect a desired signal. Given the probability distributions of both the desired wave and the interference wave, it can be considered that the probability of correct reception can be represented by subtraction representation of the probability distribution. Here, the probability distribution of this signal difference is obtained using the characteristic function method.
キーワード (和) 干渉 / 信号受信 / フェージング / 特性関数法 / / / /  
(英) interference / signal reception / fading / characteristic function method / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 42, no. 41, BCT2018-92, pp. 45-47, 2018年11月.
資料番号 BCT2018-92 
発行日 2018-11-22 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-CS IEICE-IE IPSJ-AVM BCT  
開催期間 2018-11-29 - 2018-11-30 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima University 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image coding, Communications and streaming technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2018-11-CS-IE-AVM-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる無線通信システム間信号の電力差計算方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Calculation method of power difference among different radio communication systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 干渉 / interference  
キーワード(2)(和/英) 信号受信 / signal reception  
キーワード(3)(和/英) フェージング / fading  
キーワード(4)(和/英) 特性関数法 / characteristic function method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 賢 / Satoshi Takahashi / タカハシ サトシ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 公一 / Koichi Tanaka / タナカ コウイチ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 真 / Makoto Fujiwara / フジワラ マコト
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 八方 直久 / Naohisa Happo / ハッポウ ナオヒサ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2018-11-29 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2018-92 
巻番号(vol) ITE-42 
号番号(no) no.41 
ページ範囲 pp.45-47 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-BCT-2018-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会