お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-24 14:30
受動型高調波トランスポンダの設計
松永尚基山下拓真西本昌彦熊本大
抄録 (和) 昆虫や小動物の追尾,被災者捜索などを目的とした受動型高調波トランスポンダの設計・製作を行っている.開発するトランスポンダは基本周波数2.85GHzで動作する受信アンテナ,第二高調波5.70GHzで動作する送信アンテナ,および周波数逓倍回路を1枚の基板上に製作している.直交配置された2つの送受信アンテナは,動作周波数における利得がそれぞれ約8dBiおよび12dBiである.逓倍回路はスタブ整合部を持つショットキダイオードで構成している. 
(英) This paper describes design of a passive harmonic transponder for insect tracking and survivor detection. The transponder has a receiving antenna with a fundamental frequency f0, a transmitting antenna with twice the frequency 2f0, and a frequency doubler on a single substrate. Two orthogonally arranged transmitting and receiving antennas have a maximum gain of 8dBi and 12dBi, respectively. A passive doubler circuit is designed by using a Schottky diode and an impedance matching circuit with stubs.
キーワード (和) トランスポンダ / 周波数逓倍器 / 高調波 / / / / /  
(英) transponder / frequency doubler / harmonic wave / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 2, BCT2019-4, pp. 13-16, 2019年1月.
資料番号 BCT2019-4 
発行日 2019-01-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 九州産業大 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-01-BCT-KYUSHU-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受動型高調波トランスポンダの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of a passive harmonic transponder 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トランスポンダ / transponder  
キーワード(2)(和/英) 周波数逓倍器 / frequency doubler  
キーワード(3)(和/英) 高調波 / harmonic wave  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 尚基 / Naoki Matsunaga / マツナガ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 拓真 / Takuma Yamashita / ヤマシタ タクマ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 昌彦 / Masahiko Nishimoto / ニシモト マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-24 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-4 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会