お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-01-25 09:30
非破壊診断および目標物探査用超広帯域アンテナセット
山下拓真松永尚基西本昌彦熊本大
抄録 (和) コンクリート非破壊診断および物体探査用の超広帯域アンテナセットの設計・製作を行っている.送受信アンテナとして広帯域・高利得であるビバルディアンテナを用い,これらを硬質プラスチックで挟んでシールドケースに収めることにより,不要放射を抑制している.ケース内部に電波吸収体を装荷することにより,ケース内の共振を抑え,特性の改善を図っている.シミュレーションおよび実験により,アンテナ単独のときよりも特性が改善されることを示す.また,アンテナの特性により生じる応答波形の歪みを補正するフィルタ処理について述べる. 
(英) A ultra-wideband radar antenna set for non-destructive testing of concrete structures and target detection sensor is designed. Two identical Vivaldi antennas used for transmitting and receiving antenna elements are sandwiched by PVC plates and covered with a shield case to suppress undesirable radiation. A wave absorber is loaded on the inner wall of the shield case to reduce internal resonance. Simulated and measured results show that the performance of the antenna set is improved compare to the performance of the original antenna element.
キーワード (和) 超広帯域アンテナ / ビバルディアンテナ / レーダセンサ / / / / /  
(英) Ultra-wideband antenna / Vivaldi antenna / Radar sensor / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 43, no. 2, BCT2019-10, pp. 43-46, 2019年1月.
資料番号 BCT2019-10 
発行日 2019-01-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2019-01-24 - 2019-01-25 
開催地(和) 九州産業大 
開催地(英) Kyushu Sangyo Univ. 
テーマ(和) アンテナ・伝搬、マイクロ波における学生・若手発表、および、一般 
テーマ(英) Students and Young Researcher Session, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2019-01-BCT-KYUSHU-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非破壊診断および目標物探査用超広帯域アンテナセット 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) UWB antenna set for nondestructive inspection and target detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超広帯域アンテナ / Ultra-wideband antenna  
キーワード(2)(和/英) ビバルディアンテナ / Vivaldi antenna  
キーワード(3)(和/英) レーダセンサ / Radar sensor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 拓真 / Takuma Yamashita / ヤマシタ タクマ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 尚基 / Naoki Matsunaga / マツナガ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 昌彦 / Masahiko Nishimoto / ニシモト マサヒコ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-01-25 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2019-10 
巻番号(vol) ITE-43 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2019-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会